mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > 尋ね犬・迷い犬

尋ね犬・迷い犬

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月28日 21:28更新

我家のワンコが迷い犬になった時の対応について、参考になればと思いコミュを作成しました。尋ね犬・迷い犬、保護しています、我家の対応、どのように捜索したか、どうやって見つけた(連絡があった)かカキコいただけませんか。

迷い犬になったら
保健所、市役所、警察へ連絡
迷い犬は遺失物(落し物)になるので、迷い犬の登録をすると飼い主の承諾なしに第三者への譲渡や保健所での処分ができなくなります。

犬種名、性別、年齢、名前、特徴、失踪した場所等々尋ねられるが、なぜか法律により携行が義務付けられているはずの畜犬登録(鑑札)について確認されることは極めて稀です。

行動範囲(中型犬であれば一日5〜10km程度は移動できる)隣接の市役所、警察にも迷い犬の連絡をしておく。

尋ね犬のチラシ作成(その1)、見失ったらすぐに
犬種の特徴を捉えた真横と正面の写真、名前、性別、年齢、リードの特徴(色、材質等)、迷子札の有無、失踪した日時と場所等々を簡潔に。連絡先、(携帯)電話番号、飼い主(連絡先)の名前
→まずは目撃情報の収集

尋ね犬のチラシ作成(その2)、1週間から10日を過ぎたら犬種の特徴を捉えた真横と正面の写真、名前、性別、年齢、リードの特徴(色、材質等)、迷子札の有無、失踪した日と場所に加えて最後の目撃情報(日時と場所)等々を簡潔に。連絡先、(携帯)電話番号、飼い主(連絡先)の名前
→ある程度日にちが経つと放浪していると言うより、第三者に保護されている可能性が高いと考えます。

チラシの配布リストを作っておくこと、見つかった時にチラシの回収と御礼回り効率的に行えるメリットあります。

犬飼さんへの協力要請
迷い犬は人事ではないので協力要請に対してほぼ100%応じてもらえます。朝晩の散歩の際に協力をお願いするのが効果的です。

ペットショップ、動物病院への協力要請
犬飼さん同様100%応じてもらえます。怪我をして第三者に保護されている場合やワクチン、狂犬病予防接種、フィラリアの薬等で動物病院で尋ね犬・迷い犬のチラシを見る可能性があります。

タクシー、郵便、宅急便業者は市内をくまなく回るので目撃情報が寄せられる可能性が高い。ただ見かけたからと言って積極的には連絡してもらえない可能性もあるので、数日に一度確認の為に訪問すること。

コンビニエンスストア、幼稚園、小学校、中学校、高校
ワンコとの散歩を登下校時間にシフトするようにお願いする政府広報があることから協力関係にあると言っても良く、尋ね犬・迷い犬の依頼を断ることは稀でした。

新聞広告
尋ね犬・迷い犬のチラシに内容は準じるが、写真付きで幅3cmは必要。料金は1cm単位で配布する地区の広さに応じて異なるので要確認。新聞社に直接依頼する場合と広告会社経由では料金が異なる可能性がある。写真ありの場合、翌日の朝刊に掲載する場合だと、前日の午前中までには原稿・写真(複数枚準備した方が良い)準備したい。休日よりも平日のほうが『広告』効果が高いとのこと。

新聞折込広告
目安としてA4のチラシ1枚の新聞折込広告だと2〜3円/軒程度(チラシは持参)とのこと。

捜索のポイント
放浪していても行動パターンは普段と一緒、日常散歩する時間に行動する可能性が高い。とは言え目撃情報は日中が一番多く寄せられることに変わりない。ねぐらとして軒下、シャッターの開いている車庫、公衆トイレ等々寒さ・雨・夜露がしのぐことができる場所が考えられる。保護されている場合、自宅と同じような構造・雰囲気の場合が多い。

通常1週間くらいであれば水さえ飲めれば、何も食べなくても体力的にはまったく問題はない。迷い犬になった時点での年齢・体重・体力にもよるが2週間くらいが限界、それ以降は第三者に保護されていると考えを切り替えたほうが飼い主の精神にも良い。

見つけた時
特に見失ってから時間が経っている場合、飼い主と離れたことでパニックに陥っているので姿を見つけても駆けつけるのは逆効果、飼い主でも逃げ出す可能性あり。名前を呼んでゆっくりと近づいて保護する。保護したら決して叱らないで褒め、十分な水と食料を与える。

見た目に怪我がなくても動物病院で検査を受ける。
検査結果によるがノミ・ダニの駆除、エキノコックスの検査(北海道限定)

帰巣本能
犬には帰巣本能があると言われています。数週間、数ヶ月を経て我が家に帰還した事例も数多くあります。我が家の場合は放浪を開始して18日目に捕獲しましたが、目撃情報をつなぎ合わせると人目に付かない山道を10数km半島の先端まで移動し、その後徐々に自宅に戻ってきて、捕獲した地点は自宅から10分以内の散歩コースに対しても1〜2分程度の距離まで戻ってきていました。

最後に
絶対に諦めない、飼い主が諦めなければ絶対に見つかります。
飼い主も必死ですが、迷子になった犬はそれ以上に必死です。貴方しかいないのですから。このような情報が役に立たないことを祈りますが、万が一迷子になった場合は参考にしていただければ幸いです。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 292人

もっと見る

開設日
2008年5月19日

3292日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!