mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > フリーエネルギー

フリーエネルギー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年7月1日 00:24更新

新しく管理人をすることになりました fetch@fibonacciです。よろしくお願いします。
さて、

(http://ski.vitaljapan.net/?eid=1283380より転載)

ベルギーのケッシュ財団が
宇宙技術と、重力及び磁力(Magravs)システムの第一段階の成果を、世界中の全ての科学者に同時に、生産と複製のため開示する
との発表を行ったようです。

財団によれば、この技術によって、
イランから、ニューヨークまでの所要時間は10分になり、
世界中の市民のためのフリーエネルギーの供給源になる。と。

更に、
このエネルギーと宇宙に関する技術の開示に次いで、
2012年9月21日には
財団は、プラズマに基づいた技術の開示によって、
世界的な「水」と「食料不足」の問題解決への糸口がつかめる
と言っています。

それだけではなく、
これらの技術は、すべての望む国(政府)には、
無料で公開する!
・・と云っています。

既にベルギーにある各国大使館を通し、
2012年4月21日に第1回目の技術公開プレゼンテーションに参加する様に、
世界各国へ招待状を出している様です!!!

しかしながら
このフリーエネルギー技術公開の動きに対し、
これを阻止しようと圧力をかける国(おそらく米国?!)もある
と書かれています。


米国の奴隷の日本政府が
このケッシュ財団からの呼びかけ、招待状に対し、
どのような反応をしているのか
国民全員でチェックする必要があります!!!


日本政府は
何をしているのか????


ちなみに財団が日本政府に送った際のE-mailは、下記の通り。


下記のテキストは、ベルギーにある諸外国の大使館を通して送った、あなた方の政府のリーダーへの公式招待状のコピーです。
これらの電子メールは、次の2週間のうちにベルギーにある全ての大使館へ財団より送られます。
私たちは、あなたがいつでも(あなたの)政府のレスポンスの進捗状況をフォローできるよう、招待状を送付した国の名前とそのEメール・アドレスを公開します。


世界への平和的招待および技術のリリース


今年2012年4月21日にブリュッセルに招待された世界中の大使とのKeshe財団のミーティングに従って、我々は今、世界中の国々を、彼らの大使達と各国のリーダーに、、2012年9月6日にベルギーのNinoveにあるKeshe財団センター(あるいは他のどこの場所でもよいが)においての集いに出席するよう招待します。

あなたの閣下がすでに知っているように、私たちは2012年4月21日に、技術の最初の我々のプレゼンテーションにすべての国の代表を招待しました。
いくつかの国家の大使はこの会に出席し、他の人は、他の国家からの圧力により、呼び出しを無視することに決めて、参加しないことを決定したか、最後の瞬間に参加を取消ししました。

この第2の招待で、私たちは、直接、明白に、今度の9月6日の財団ミーティングに、彼らの政府を代表する資格のある個人を任命することを、あなた方の国のリーダーに依頼します。

この招待の理由および会合は以下のとおりです:

1)2012年9月21日に、Keshe財団は、生産と複製のために、世界中のすべての科学者に、
その宇宙技術の第1段階、およびそれが開発した重力・磁気である(Magravs)システムを
同時にリリースするでしょう。

そのポイント以降、国境線は、どんな真義も持つのを止めるでしょう。
その理由は、こうです。一旦、最初の飛行システムが公のためにオペレーションに組み込まれ置かれたならば、旅行の時間、テヘランからニューヨークへ例えば、約10分最大でしょう。

新しい空輸システムは、すべての個人に、この惑星上のどのポイントからも、同じ距離、同じ時間、およびほとんどないコストにすることを可能にするでしょう。この技術は現在のレーダー技術では検知できないでしょう。

2)エネルギー危機は一挙に解決されるでしょう。また、一度、技術は実行されると、エネルギー供給をコントロールする力、また、それらによって、現在の財務体質は、それらの手は空であると分かるでしょう。

3)世界の水不足は、私たちのエネルギーと宇宙技術のリリースの後に、公にすぐにこの技術を提示することにより取り組まれ解決されるでしょう。

私たちはどのようにこれをしたか。
過去6年間、私たちは、世界中のすべての国家および主な科学者が彼らの所有に私たちの特許のコピーを持っていることを確かめるために国際特許システムを使用しています。
(ダウンロードの数があるかヨーロッパの特許および国際的なサーバー・ダウンロードをチェックしてください。)
したがって、私たちは、任意の個人あるいはグループによってこの技術のどんな可能なブロッキングも防ぎました。また、今、ほとんどの国家は、エネルギー発生、医療制度および宇宙旅行のための特許を所有しています。

このように、国際的開発を防ぐために過去に使用される方法は回避されました。また、今、国家にはみな、この技術が安全に開発されていることを理解するためにともに働く、同じ機会があります。
主点は、私たちの技術がそのすべての市民のためにすべての政府に自由に利用可能になるように意図されるということです。

私たちが開発したシステムによって、すべての国家は、彼らが必要とする多くのエネルギー、水、そして食料に、ヘルスケアと輸送の新しい方式(全てほとんどコストがかからない)と同様に、アクセスすることができます。

その憲章によれば、Keshe財団およびそのすべての技術は世界の民族によって所有されます。
特許はこの惑星上のすべての個人の財産で、1人のどんな人あるいは団体か、国家によっても要求することができません。
これは、技術によって生成されたすべての収入はそれを利用する国家が所有していることを意味します。

私たちは、2012年9月6日の会合に招待された国々のリスト、および招待を受ける人々の十分なEメールアドレスを公表するでしょう。したがって、あなたの国家の誰がこの会合に出席するであろうかを知るするために、それは政府としてあなたの責任でしょう。

この電子メールがあなたの大使館に着く時には、コピーが財団フォーラムおよびウェブサイトにポストされるでしょう。したがって、あなたの市民は、あなたになされた提示に気づくでしょう。

その後、それは、基礎と同様にそれらにも応答を知らせることでしょう。また、私たちは、代表の名前を指定し、どこで、どのように会うべきかあなたの職員に知らせる、と推測するでしょう。

この会に続いて、2012年9月21日のプレゼンテーションは、その知識を共有し、かつそれを人々の手に世界的に委ねるKeshe財団の指導プログラムの第一歩になるでしょう。

一旦これらの新技術とそれらの利点が一般大衆に知られれば、すべての国家のリーダーは彼らが皆の改良のためにどのようにしてそれらを実現するか決定する必要があるでしょう。

そのポイントでは、2つの選択肢があるでしょう:
私たちは地球上の全ての人がよりよく変化するよう、より正しい行動パターンを通して、一緒に働くことです。あるいは、世界の先進諸国は、主要都市へ集まって、目先で何万中の移民の洪水を見るでしょう。

私たちは、それらがその含意、およびそれがもたらす変化を理解する場合があるように、任意のセッティング中のあなたの代表に技術を提示する覚悟をしています。

今後、私たちは、新技術の潜在的な軍事の適用が、私たちが惑星の資源をめぐって戦うことが過去のものであると受け入れる以外なくて、非常にものすごく破壊的であるので、子どもか大人が渇望または飢えで死なず、国家が別のものによって攻撃されないだろうことを確実にすることができます。

国有の財産が保護されることに関しては、何の問題もありません。しかし、今、地球の小さな地方のリーダーとして、その資源が共有されることが利用可能で私たちの技術皆のエネルギー用基本的ニーズの支援によって、水、食物およびヘルスケアに遭遇することを理解することはあなたの責任です。

Keshe財団は(膚の)色、国籍、宗教あるいは政治的所属を考慮しません。したがって、直接に私たちの技術を見に来る科学者のチームを指定するために、私たちの呼び出しはすべての政府の外に行きます。
その後、それらは、それらを利用するべきかどうか決定することができます。
あなたがこの招待を無視すれば、あなたの国家はすぐにそれらを開発することを決定した国家の手本に従う以外ないでしょう。

私たちは、一度、これらのシステムが運転中であるので、できるだけ早く世界協力のプロセスを始めるようにあなたの国家に要求します、別のものから1か国を分けるフロンティアは意味を持たないでしょう。

私たちは、人間性のために、およびそれを通り抜けてやり遂げる今後数か月に方向転換への道を開きました。
全ての資源が全ての人に、同時に、同じ手段で、利用できるように可能になるので、近い将来の人々は、奉仕されるためではなく、互いに奉仕しあうために、ここにいることが現実となるでしょう。


M T Keshe
Keshe財団をStichtingする創立者および暫定管理者


とりあえず、コミュニティーの説明に、ベルギーのケッシュ財団についてのコピペを使わせて頂きました。まだ未熟者の管理人でございますので、いろいろと御指導願います。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 488人

もっと見る

開設日
2008年5月19日

3356日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!