mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Samantha Keely Smith

Samantha Keely Smith

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月23日 23:56更新

イギリス出身、ニューヨーク在住の画家、サマンサ キーリー スミス のコミュニティーです。  
キーファーに通じるコンテンポラリーな文体の抽象表現に発しながら、極限の美への戦いへと向かうに到った、現代では希少な芸術家です。彼女の絵画は一貫して進化を続け、常に思いがけない新鮮なビジョンを見せてくれます。 

今だ日本では全く知られていませんが、日本人の心の琴線にも響き渡る絵画世界であると思います。 
 

ホームページ http://www.samanthakeelysmith.com 
    
 
交流サイト1 http://www.myspace.com/samanthakeelysmith  
 
交流サイト2 http://www.facebook.com/pages/Samantha-Keely-Smith/11497796633

ARTIST STATEMENT:
サマンサ キーリー スミス の言葉。
 
The work investigates the necessity of opposing elements, and the idea that in order to truly appreciate beauty and light, one must embrace the dark truths that are as much a part of our lives as the innate pull towards hope. Light and dark, order and chaos, the cerebral and the instinctive – each requires the other.
  
切実な対極要素を追求する日々の試み、そして真に賛嘆すべき美と光、一方の闇は私達の人生と同様に真実を内に抱え、生来それは希望へと牽かれているのです。光と闇、秩序と混沌、理性と本能、それらは互いに求め合っています。
It is a depiction of our continual struggle to integrate the dual worlds in which we live: the outer world (that which we perceive around us and the sum of our sensory experiences throughout our lives) and the inner world (that of our mind and emotions, and also that which is physical and visceral about our beings). 
私達が生きる、この二元的世界を統合するための、それは私達自身の絶え間ない戦いの痕跡です。外なる世界(それは私達の周囲に認識される、人生を通した感覚体験の総体)内なる世界(それは私達の心と感情、また人間存在としての身体的内奥)。
There is a sense of place in the paintings that is not any identifiable place, but rather a space where there is the opportunity to begin to accept chance and accident. A place where one can surrender, if only for a moment, to loss of control and the freedom that this can bring.  
絵画には全く何処とは特定できない感覚の場があります。しかしそれはむしろ予想もできない偶然の可能性を受け入れ始める端緒なのです。その場の中で一瞬でも制御不能となることを全的に受け入れるのであれば、そこに自由が啓けていくのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
WEBSITE OF MY PAINTINGS (press/bio, paintings from 1998 -present, etc):



  
Bio
 
略歴

Born in Harlow, Essex, England, New York-based artist Samantha Keely Smith immigrated to the United States as a child with her family. Smith grew up for the most part in New Jersey, but also spent time in Michigan.
イギリス エセック ハーロー 生まれ。 ニューヨークに拠点を置くサマンサ キーリー スミスは子供の頃、家族とともにアメリカに移住した。彼女はその成長期をほとんどニュージャージーで過ごしたが、ミシガンにも住んだことがある。
Smith started her College Education at the School of Visual Arts, NYC. However, soon after enrolling she had to leave New York and return home in order to care for her gravely ill mother - until she passed away, from cancer two years later. After the death of her mother, Smith returned to school. Choosing to stay closer to home to be nearer her father and younger brother, she attended the Mason Gross School of the Arts at Rutgers University, New Brunswick, New Jersey.
スミスはニューヨークのヴィジュアル アーツ スクールで大学教育を始めたが、入学直後に重病を患った母の看病のためにニューヨークを去らなければならならず、それは二年後、癌による母の死まで続いた。彼女の母の死後、スミスは学校に戻るが、父と弟の家に近くに住むために ニュージャージー ブラウンズ ウィックの ルトガー大学でのメイソン グロス 美術学校に席をおくことにする。
In the Semester prior to her Graduation, Smith herself became seriously ill, with Acute Pancreatitis and spent 4 months in hospital. Despite these personal set-backs Smith returned to Mason Gross and earned her BFA in Painting, with Honors, from Rutgers University.
卒業前の二年生のときに、スミス彼女自身が急性膵炎による深刻な病状に陥り、病院で4ヶ月を過ごす。自身の躓きにも関わらずメイソン グロスに戻り、絵画における学士をルトガー大学より取得する。
The loss of her mother, with whom she was very close, and her own near-death experience (Smith had an emergency surgery where she was given a 50/50 chance of survival) left her more determined than ever to pursue her highly individual artistic vision. Smith also realized that she needed several years of painting and personal study in order to fully achieve her style and approach, and be comfortable contacting galleries about her work. Spending the next 8 years painting in a self-imposed isolation from the art world, Smith worked in the evenings as a waitress/bartender to support herself so that she would be free to paint during the day.
彼女は成功率50%の緊急手術を受け瀕死の体験をしたが、さらに最愛の母を失ったことも含めて、それらは嘗てなかったほどに高度な芸術上のヴィジョンを追求するための決意を彼女にもたらした。スミスはさらに数年の自身の研鑽が自分のスタイルに到達するために必要であると自覚していた。そして彼女の作品に関して画廊との充分なコンタクトも必要であった。その後8年間、アート界と隔絶した状態に身を投じながら、彼女は夜、ウェイトレスやバーテンダーとして働いた。そうすれば昼はずっと絵を描き続けることができた。
Since 1999 Smith has exhibited her work in several venues. Most recently, her Solo Exhibition at the prestigious ACA Galleries in 2005 – a Fundraiser for the Montel Williams MS Foundation – which comprised an overview of her work from 1999 to the present and included 20 paintings.  
1999年以降、スミスはいくつかの場で作品を発表している。もっとも最近のものとしては、2005年における著名な画廊、ACAギャラリー( モンテル ウィリアムスMS財団の基金による)での個展がある。それは1999年から現在にいたる20点の作品を概観する構成になっていた。



※ちょっと適当に日本語にしました。もっといい、訳仕方を思いついたら、是非教えてください。管理者より。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 54人

もっと見る

開設日
2008年5月11日

3306日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!