mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 泡坂妻夫 『小説の世界』

泡坂妻夫 『小説の世界』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月28日 22:12更新

泡坂妻夫(厚川昌男)先生のファンである。
また興味があるという人なら誰でも参加OKです。( ̄▽ ̄)V
先生の著作に対するご意見、感想、豆知識など色々と情報交換をしましょう。

まずはこちらで自己紹介をお願いします。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30922710&comm_id=3331606


昭和8年(1933)、東京神田鍛冶町の紋章上絵師の家に生まれる。
都立九段高校を卒業した後、家業を継いで仕事をするかたわら推理小説を書く。

1976年『DL2号機事件』  第1回幻影城新人賞佳作入選。
1978年『乱れからくり』 第31回日本推理作家協会賞。
1982年『喜劇悲奇劇』  角川小説賞。
1988年『折鶴』  第16回泉鏡花文学賞。
1990年『蔭桔梗』  第103回直木賞をそれぞれ受賞。

1980年5月号の小説現代から20年にわたって掲載された『奇術探偵曾我佳城シリーズ』をまとめた全集は「2000年版このミステリーがすごい!」国内編・第1位に選ばれる。


アマチュア・マジシャンとしても有名。
故石田天海を師匠と仰ぎ、荻窪にある邪宗門(すごい名前だ)という喫茶店の二階で毎週日曜日に開かれるマジッククラブで腕を磨く。
邪宗門クラブの機関紙「THE NEW MAGIC」にオリジナル作品を発表していき、1969年に創作奇術で「石田天海賞」を受賞。
また、本名を冠とした創作奇術家賞の「厚川昌男賞」が設けられている。

奇術関連の著書。
1981年『トリック交響曲』
1983年『魔術館の一夜』
1989年『ミステリーでも奇術でも』
2001年『大江戸奇術考』
2006年『泡坂妻夫 マジックの世界』

奇術的仕掛本。
1987年『しあわせの書』
1994年『生者と死者』

マジックをされる方はこちらの姉妹コミュもどうぞ♪
泡坂妻夫『マジックの世界』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3614012

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 20人

もっと見る

開設日
2008年5月10日

3276日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!