mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > クリストフ・フォン=ドホナーニ

クリストフ・フォン=ドホナーニ

クリストフ・フォン=ドホナーニ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月8日 17:08更新

Christoph von Dohnányi

http://www1.ndr.de/orchester_chor/ndr_sinfonieorchester/ndr1356.html

http://www.philharmonia.co.uk/thephilharmoniaorchestra/christophvondohanyi/

http://www.clevelandorch.com/html/about/dohnanyi.asp
です。わかりましたか?(^o^)/

というのは嘘で、日本語ウィキペディアから補足↓

クリストフ・フォン・ドホナーニ(Christoph von Dohnányi, Dohnányi Kristóf, 1929年9月8日 - )は、ドイツ出身の指揮者、作曲家。

1929年ベルリン生まれ。父はウィーン生まれのドイツの法律家であり、反ナチスとユダヤ人支援のレジスタンス活動をしたハンス・フォン・ドホナーニ(1945年にナチスの強制収容所で処刑)。母はクリスティーネ・ボンホーファー。母方の叔父はルター派の神学者で、やはり反ナチスのレジスタンス活動家であり、ヒトラー暗殺計画に関わって1945年に強制収容所で処刑された、ディートリッヒ・ボンホーファー。兄は後にハンブルク市長をつとめたクラウス・フォン・ドホナーニ。祖父はハンガリーの作曲家でありピアニストのエルンスト・フォン・ドホナーニ(1877年 - 1960年)。二番目の妻はソプラノ歌手のアニヤ・シリヤ(Anja Silja)。オペラと演奏会の両方で評価が高く、ドイツ系の現役指揮者として重鎮的存在。

第二次世界大戦後、(ミュンヘン大学で法律を学ぶが、1948年に音楽の道に転じ、指揮と作曲でリヒャルト・シュトラウス賞を獲得して卒業、祖父の元で作曲を学ぶためにフロリダ州立大学に留学。アメリカではレナード・バーンスタインに師事したと言われる。その後、指揮の勉強に専念。1952年、ショルティの指名により、フランクフルト歌劇場の助手となる。
1957年-1963年、リューベック歌劇場音楽監督(当時のドイツで最年少の音楽監督)
1963年-1966年、カッセル州立管弦楽団音楽監督。
1964年-1969年、ケルン放送交響楽団首席指揮者。
1968年-1977年、フランクフルト歌劇場音楽監督、のち総監督。
1977年-1984年、ハンブルク国立歌劇場の音楽総監督。新作オペラや新演出を意欲的に上演、注目とスキャンダルの両方に見舞われる。
1984年-2002年、クリーヴランド管弦楽団音楽監督、退任後は桂冠音楽監督。
1994年-2008年フィルハーモニア管弦楽団首席客演指揮者、1997年からは同首席指揮者、退任後は終身名誉指揮者。
2004年から北ドイツ放送交響楽団の首席指揮者。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2008年5月7日

3140日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!