mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場と絹産業遺産群

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月3日 01:41更新

群馬県初の世界遺産登録を目指し、平成19年1月より世界遺産暫定リストに記載されている『富岡製糸場と絹産業遺産群』のコミュニティです。

群馬県では平成26年度の世界遺産登録を目指しているとのことです。皆さんで応援しましょう!

管理人からも、把握できる範囲でですが、世界遺産登録を目指す動きを随時アップしていきたいと思います。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【構成資産の概要】(群馬県HPからの引用)

◆富岡製糸場・とみおかせいしじょう(富岡市)

明治5年(1872)に明治政府が設立した官営の器械製糸場です。民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。和洋技術を混交した工場建築の代表であり、長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など、主要な施設が創業当時のまま、ほぼ完全に残されています。
なお、当物件の見どころの一つである『煙突』の高さが平成20年10月、国土地理院により計測され、『37.37メートル』とされたそうです。


◇荒船風穴・あらふねふうけつ(下仁田町)

明治38年(1905)から大正3年(1914)に造られました。岩の隙間から吹き出す冷風を利用した蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設で、冷蔵技術を活かし、当時年1回だった養蚕を複数回可能にしました。3基の風穴があり、貯蔵能力は国内最大規模で、取引先は全国38道府県をはじめ朝鮮半島にも及びました。


◆高山社跡・たかやましゃあと(藤岡市)

明治16年(1883)、高山長五郎は、通風と温度管理を調和させた「清温育」という蚕の飼育法を確立しました。翌年、この地に設立された養蚕教育機関高山社は、その技術を全国及び海外に広め、清温育は全国標準の養蚕法となりました。明治24年(1891)に建てられた主屋兼蚕室は「清温育」に最適な構造で、多くの実習生が学びました。


◇田島弥平旧宅・たじまやへいきゅうたく(伊勢崎市)

通風を重視した蚕の飼育法「清涼育」を大成した田島弥平が、文久3年(1863)に建てた主屋兼蚕室です。間口25m、奧行9mの瓦葺き総2階建てで、初めて屋根に換気用の越屋根が付けられました。この構造は、弥平が「清涼育」普及のために著した、「養蚕新論」「続養蚕新論」によって各地に広まり、近代養蚕農家の原型になりました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


以上の資産の他にも、群馬県内には絹産業に関する資産が多数存在し、「ぐんま絹遺産」として群馬県が30件登録しています。(上記4資産も含みます)


詳細は群馬県「富岡製糸場と絹産業遺産群」HPへどうぞ。

http://worldheritage.pref.gunma.jp/ja/index.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 51人

もっと見る

開設日
2008年5月4日

3343日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!