mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ☆魅惑のSEXYチャルガ☆

☆魅惑のSEXYチャルガ☆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月14日 05:50更新




 ブルガリアの「ポップフォーク」であります「チャルガ(Чалга)」、そのオリエンタルな要素の濃厚な美しいメロディラインを、SEXYこの上ない映像美ともに皆様とともに存分に堪能しようというコミュニティであります。


 難しい話は抜きにして、ただただ酔ってください!魅せられてください!


 参加者大歓迎であります!!
 




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



チャルガ
  <出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋>


 チャルガ (ブルガリア語:Чалга、ラテン文字転写Chalga) はブルガリアの音楽のジャンル。各種のバルカン半島の音楽に影響を受け、ロマ音楽、トルコ音楽などの要素をミックスした流行音楽である。ポップフォークとも呼ばれる。ギリシャやトルコ、そしてセルビアをはじめとする旧ユーゴスラビア諸国の音楽をアレンジしたカヴァー曲も多い。


●歴史

「チャルガ」という語は、トルコ語で「演奏」や「音楽」を意味する「チャルグ」 (çalgı) という言葉に由来する。トルコ語で「音楽家」を意味する「チャルグジュ」 (çalgıcı) という言葉に由来するブルガリア語の「チャルガジヤ」 (Чалгажия、Chalgazhiya) とは、自分自身の独自のスタイルを加えた演奏や歌唱をする音楽家をさす。彼らは、楽譜を読めない者でも、自身の記憶に基づいてカヴァルなどを演奏する。パーティーや結婚式で演奏されるこうした音楽がチャルガの土台となっている。


●共産党支配下で

 共産党の支配下となった冷戦時代、ブルガリアではチャルガは好ましくない音楽とみなされた。チャルガには共産主義に向かって前進するような要素はいとされ、1980年代の共産党の指導者トドル・ジフコフによって、トルコや西アジアからの要素を含むチャルガよりも、「純粋でスラヴ的、国粋的」な音楽が好ましいとされた。また、激しく腰を振り、好色的な歌詞も少なくないチャルガは退廃的、非道徳的なものとみなされた。また、チャルガはロマ音楽の要素を強く受け、ロマ (ジプシー) によって発展してきた側面から、ロマに対する差別意識がこうしたチャルガに対する圧迫の背景にあったともいわれている。

 ブルガリアでチャルガに対する圧力の強かった時代、隣国ユーゴスラヴィアは東側陣営に属さず、より自由度の高い独自の社会主義体制がしかれており、そのため同国ではチャルガ同様の音楽ターボ・フォークが大きく発展をとげた。多くのブルガリア人は隣国から流れてくるターボ・フォークのラジオに耳を傾けた。

 ギリシャでは、アナトリア半島のギリシャ人を中心に発達したメロス (Melos) とよばれる伝統音楽が現代化してライコーという音楽が誕生した。ライコーと関連の深い音楽には、Orkester Kristal などに代表される初期のブルガリアのチャルガと類似性の高いものもある。

 トルコのアラベスク音楽は土着の伝統音楽と中近東からの影響をミックスした音楽で、1960年ごろ成立した。


●共産党体制崩壊後

 1989年、ジフコフ体制は崩壊し、文化に対する統制の時代が終わった。それまで弾圧されていた音楽が芽生えはじめ、チャルガはその息の根を吹き返した。チャルガは公然とマスメディアにも登場するようになり、それまで密かに活動していたミュージシャンたちが注目を浴びるようになった。

 初期の頃の代表的な歌手はOrkester Kristal の歌手トニ・ダチェヴァ、そして続いて「チャルガの母」とよばれるグロリア (歌手)、デシ・スラヴァ、イヴァナなどの歌手たちが現れた。パイネルはこのジャンルの音楽を大量にリリースし続けるブルガリアの大手のレコード会社にまで成長した。


●21世紀以降

 2000年頃からチャルガの人気は次第により現代的なポップフォークや、ギリシャ、セルビアなどの音楽、そしてウスタタやウプスルト (Upsurt) 、ミショ・シャマラ (Misho Shamara) などに代表されるヒップホップなどに取って代わられたとも言われているが、ソフィアやヴァルナなどのナイトクラブ、そしてテレビで放送される多くのビデオクリップには、チャルガは頻繁に登場する。


●ブルガリアでのブルガリアでの扱い

 チャルガとブルガリアのポップ・ミュージックとの境界線は曖昧で、ダンス・クラブやパブなどでも頻繁に聞くことができる。チャルガはうまく伝統音楽を流行音楽に取り込んだ例であり、多くの人々から支持されている一方で、明確にチャルガを嫌う人々も少なくない。それは主にチャルガが外国からの要素やロマの要素を多く含むこと、そして性的な内容の歌詞を含むことなどによると考えられる。



【参考】ポップフォーク
  <出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋・編集>

 ポップフォークとはポップ・ミュージックと民俗音楽の両方の要素を併せ持った音楽のジャンルである。

 狭義には、バルカン半島地域において、ポップフォークとはオリエント、ロマの音楽のリズムを土台に、ポップ、フォーク、エスノ、ダンスミュージックの要素を併せ持った音楽のことをさす。

 このようなジャンルは国境を越えて汎地域的な広がりを持っているが、いずれの国でも自国の文化、自国の歌手としての見方が強いといわれている。このジャンルはそれぞれブルガリアではチャルガ、ギリシャではライカ、ルーマニアではマネーレ、旧ユーゴスラヴィアではターボ・フォークと呼ばれている。トルコでアラベスク・ポップ音楽と呼ばれるジャンルもポップフォークに含まれるものが多い。

 そのアーティストの中には国境を越えてバルカン諸国や、世界中にすむ同地域の出身者から幅広く支持されるものも少なくない。また、多くの曲が相互にカバー曲として自国語に翻訳されている。

 (内容ではなく)意味的に類似するジャンルとして、民俗音楽とポップ音楽の要素を併せ持った音楽のには(狭義の)ポップフォークのほかにも次のようなジャンルが存在する。ポーランドのディスコ・ポロ、ルーマニアのエスノ・ポップや、カルパチアン・スカ (ウクライナ、スロヴァキア、ハンガリー、ドイツなど)。ギリシャのライカはそれ自体がさらにポップ音楽との融合が進み、その代表的歌手であるエレーナ・パパリズー、デスピナ・ヴァンディらはメインストリームのポップ音楽としての道を進んでいる。


<アルバニア歌手>
•ノラ・イストレフィ
•アデリーナ・イスマイリ
•ゲンタ・イスマイリ
•ブレオナ・チェレティ
•ソニ・マライ
•レオノラ・ヤクピ

<ギリシャ歌手>
•エリ・コッキヌー
•Demis Roussos
•Petros Gaitanos
•Eleftheria Arvanitaki
•Glykeria
•Sotis Volanis
•Eyaggelia Tatsiou
•Efi Thodi
•Kelly Kelekidou

<クロアチア歌手>
•セヴェリナ・ヴチュコヴィッチ

<トルコ歌手>
•タルカン
•ギュルシェン
•Candan Ercetin
•Serdar Ortaç
•Ebru Gündeş
•Kamuran Akkor
•Seda Sayan
•Sibel Can
•Betul Demir

<スロベニア歌手>
•Atomik Harmonik
•Turbo Angels
•Werner Brozovič
•Rebeka Dremelj
•Saša Lendero
•Skater
•Štefica Stipančević
•Tanja Žagar

<セルビア歌手>
•アナ・コキッチ
•ストヤ
•ツインズ (セルビアのバンド)
•ツェツァ
•イェレナ・カルレウシャ
•ドラガナ・ミルコヴィッチ
•ダーラ・ブバマラ
•Viki Miljković

<ブルガリア歌手>
•アジス
•アリシア
•アネリア
•イヴァナ
•ヴェセラ
•ヴェロニカ
•エクストラ・ニーナ
•エシル・デュラン
•エミリア
•ジーナ・ストエヴァ
•カメリア
•カリ
•グロリア
•コンデョー
•ゲルガナ
•ツヴェテリーナ
•テオドラ
•デシ・スラヴァ
•スラヴィ・トリフォノフ
•プレスラヴァ
•ターニャ・ボエヴァ
•マリア
•ソフィ・マリノヴァ
•ライナ
•レニ
•レイハン

<ボスニア・ヘルツェゴビナ歌手>
•アイセラ
•セカ・アレクシッチ
•セルマ・バイラミ
•レパ・ブレナ
•インディラ・ラディッチ

<モンテネグロ歌手>
•ゴガ・セクリッチ

<ルーマニア歌手>
•Costi Ioniţa
•Alina

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2008年5月4日

3427日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!