mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > ルイ・ルルー美術館

ルイ・ルルー美術館

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月2日 21:44更新

<ベルギー・クリスタルガラスアーティストの巨匠>
ルイ・ルルー

ルイ・ルルー作品に魅了された方、
京都府にあるルイ・ルルー美術館に訪れた事のある方のコミュニティです。

<ルイ・ルルー美術館HPパソコン
http://www.leloup.co.jp

ルイ・ルルー美術館
<電話>0774−93−4545
<住所>京都府相楽郡精華町光台4−29−3
<開館時間>11:00〜17:00(最終入館16:30)
<休館日>月曜日(祝日の場合開館。翌日が振替休館)
<駐車場>有
<入館料>一般800円・小中学生500円

<ルイルルー略歴>
ルイ・ルルーは1929年ベルギーのリエージュ近郊で生まれる。
17歳の時にベルギーのクリスタルガラス工場「ヴァルサンランベール」でガラス職人の修行をし、
1958年のブリュッセル万博で高さ2Mのフロアスタンドと直径70cmのテーブルを出品しクリスタルの宙吹きの技術を遙かに超えるもので世界を驚かせた。

1971年に自ら工房を開き、独立。その後世界各国で展覧会を開き、
イギリスのビクトリア&アルバート美術館など世界の著名な美術館へも収蔵されてます。

1997年京都府の関西文化学術研究都市にルイ・ルルー美術館開館。

2003年には亡くなられたローマ法王故ヨハネ・パウロ2世にポンペイが終着点のバラの聖母巡礼ミサに招かれ、「光の聖母マリア」を献上し、ヴァチカン庁文化芸術財の一つになっています。

また、ルルー氏の作品がカンヌ映画祭のメディア賞のトロフィーに使われた事もありました。日本では新潮社のインターナショナルMANGAアワードのトロフィーにルルー氏のロンドという作品がトロフィーに使われました。
 2007年はF-1フェラーリチームの総監督ジャン・トッド氏へルルー氏の赤いトゥールビヨンというスカルプチャーが手渡され、ナポリのフェラーリミュージアムに収蔵されました。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 12人

もっと見る

開設日
2008年4月30日

3311日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!