mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 藤井 拓郎 (水泳選手)

藤井 拓郎 (水泳選手)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年9月26日 12:48更新

200m個人メドレーで北京五輪目指す 藤井拓郎(水泳)
 (早稲田スポーツ新聞会 2008/03/27 より引用)
今春、早大を卒業する水泳の藤井拓郎。最終学年は日本代表に手が届くようになったものの果たせず、だが、インカレでは北京五輪派遣標準記録を切るタイムで優勝した。北京への切符を手にするためには、4月の代表選手選考会で派遣標準記録を突破し、かつ2位以内に入賞しなければならない。「やっぱり優勝して(オリンピックに)行きたい」と藤井は語る。

 「(日本)代表を狙えるところまで来るとは思ってなかった」。藤井拓郎はこう振り返る。確かに1、2年時は8名出場可能な決勝レースに進出できるレベル。ほぼ無名に等しく、代表権も手の届く範囲にあるとは言い難かった。

藤井拓郎(@wasedasports.com)
 そんな藤井の心中に変化が訪れたのは3年時の日本学生選手権(インカレ)。200m個人メドレー決勝、藤井は2位でタッチ板に手をついた。タイムは2分1秒26。当時の大会記録まであと0秒16に迫る自らの記録を目にする。「だいぶ(北京五輪代表を)狙えるところまで来た」。それまでぼんやりとした遠い存在でしかなかったオリンピックが、現実的な目標として視界に映し出された瞬間だった。
 そして迎えた最終学年。夏に控えた世界競泳インジャパン、ユニバーシアード大会の代表選考会を兼ねた日本選手権に、藤井は「初めて代表を意識して」臨む。だが、無念にも代表入りは果たせなかった。「もう1回がむしゃらに、初心に戻って」頑張るしか術はない。再びインカレに向け、過酷な練習に取り組んだ。その成果として表れたのが、最後のインカレでの優勝。200m個人メドレーでついに頂点に立ち、その名を轟かせる。日本記録には僅かに及ばなかったものの、大会新記録を樹立。北京五輪派遣標準記録を切る1分59秒92の好タイムは、さらに北京との距離を縮めた。
 北京五輪への切符を手にするためには、今春4月に行われる日本選手権兼北京五輪代表選手選考会の決勝レースで派遣標準記録を突破し、かつ2位以内に入賞しなければならない。タイムという自分との戦い、そして順位というライバルとの戦い。両方を制しなければひのき舞台に立つことは許されない。だが、見方を変えれば国内のライバル1人に負けても北京五輪に出場することが可能だとも言える。
 しかし、藤井の考えはこうだ。「やっぱり優勝して(北京五輪に)行きたい。2位で行くのとは違う。2位でも行けることはいいですけど、(世界で)戦えないと思う」。
 まだ見ぬ世界大会の厳しい現実。それも見据えて藤井は選考会に挑む。是が非でも日本の頂点を極めて北京五輪へ――。藤井にとって北京のスタート台はその極みの先にあるものだから。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 119人

もっと見る

開設日
2008年4月19日

3470日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!