mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 頑張れ!!!寺田周平!!!

頑張れ!!!寺田周平!!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月10日 23:31更新

exclamation ×2日本代表初選出exclamation ×2exclamation ×2

サッカー寺田周平(てらだ しゅうへい)〜PROFILE〜サッカー
1975年6月23日生まれ
Jリーグ1部(J1)・川崎フロンターレ所属。
ポジションはディフェンダー。
身長189cm、体重81kg。

日本サッカーリーグ(JSL)・日産自動車サッカー部の下部組織で本格的にサッカーを始める。その後、神奈川県立横須賀高等学校から東海大学へ進学。高校時代は地域ユース関東選抜代表として、東西対抗戦に出場。大学在学中はサッカー部自体は関東2部や神奈川県リーグに所属していたが、1995年に開催されたユニバーシアード福岡大会でサッカー競技代表の中心選手として日本の大会初優勝に貢献し、プロからも注目を浴びる。卒業後は日産サッカー部の後身、Jリーグの横浜マリノス(現在の横浜F・マリノス)への入団が内定していたが、メディカルチェックで頸椎に問題が発見されて不合格となり、1年間の浪人生活を過ごした。

1999年、Jリーグ2部(J2)の川崎フロンターレに入団。日本には珍しい長身のボランチとして大きな期待を集め、背番号「6」を与えられて開幕戦から先発メンバーとしてで出場した。シーズン途中は負傷により離脱したが、終盤戦に復帰してチームの優勝に貢献した。

チームがJ1に昇格した2000年にもレギュラーとなったが、5月の練習中に膝の靱帯を損傷し離脱。5月3日のジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールと初退場を記録した直後の負傷で、さらに他の負傷なども重なって、公式戦復帰には約2年半を要した。以降、運動量が比較的少なくて済み、屈強な身体を活かせるディフェンダー(センターバック)に転向したが、度重なる怪我に悩まされ、ほとんど公式戦に出場できない日々が続いた。しかし2004年に復活を遂げ、伊藤宏樹、箕輪義信と組んだ長身3バック(通称・川崎山脈)は守備の安定に大きく貢献した。

サッカープレースタイル
長身を生かしたヘディングが得意で、セットプレーからの得点も多い。また、足下の技術も確かで、現在の本職のセンターバックだけではなく、入団時のポジションだったボランチもこなせる器用さも兼ね備える。スピードが速い相手選手に手こずる場面もあるが、2004年以降は負傷時を除いたほぼ全ての試合で先発メンバーに入っている。チームの同僚からも信望が厚く、Jリーグ選手協会では2004年に川崎支部の会長、2005-06年には副会長を務めた。

所属クラブ
1988年 - 1990年 日産FCジュニアユース
1991年 - 1993年 神奈川県立横須賀高等学校
1994年 - 1997年 東海大学
1999年 - 現 在 川崎フロンターレ

度重なる怪我に苦しんだ超〜苦労人。。

寺田 周平

サポーターズコミュニティーサッカーexclamation ×2exclamation ×2わーい(嬉しい顔)

頑張れexclamation ×2周平手(グー)わーい(嬉しい顔)exclamation ×2

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 84人

もっと見る

開設日
2008年4月17日

3324日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!