mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ファッション > CHANEL J12 クロノグラフ

CHANEL J12 クロノグラフ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月20日 23:10更新

ぴかぴか(新しい)シャネルJ12クロノグラフぴかぴか(新しい)

持ってる揺れるハート欲しい目がハートexclamation ×2exclamation ×2exclamation ×2って皆〜集まれ手(チョキ)




ぴかぴか(新しい)シャネル:CHANELぴかぴか(新しい)

ブランドの始まり
1909年、ガブリエル・シャネル(通称、ココシャネル)がブランド「シャネル」を設立。

ブランドについて
シャネルの創立者、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)は1883年、フランスに生まれる。父は行商人。母親が他界し、家族は方々に散り、シャネルは孤児院や修道院育った。

シャネルの打ち出すファッションは、モノトーンな色が中心だが、それは修道院で黒などべーショックな服を着用していたからと言われている。ちなみに修道院の規律正しい生活の中で、シャネルはお針子としての技術を身につけている。

1905年、踊り子(歌手)を目指しキャバレーで歌う仕事に就く。美しさを兼ね備えたシャネルは、店の人気者となり、ミドルネーム、ココと呼ばれて親しまれた。これがココ・シャネル(CC)の由来で、有名なモノグラムに繋がる。

歌手をした時期に出会った、ブルジョワ出身の青年将校の愛人となり、その青年将校の出資を受けて、1909年に帽子店を開業。(その後も、シャネルはブランドの初期段階で、恋人から出資を受けて事業を拡大していく)装飾が多い帽子の多い中、シャネルのシンプルなデザインは多くの注目を集めた。帽子から衣服など徐々に展開を広げる。

過去の成功したデザイナーは皇室、女優などの影響力利用して自身のスタイルを打ち出すことが多かったが、シャネルの場合は、その美貌とカリスマ性で自分自身がブランドの広告塔となった。シャネルはの影響力が大きいのは、そのスタイルが評価されたこと以外に、彼女自身が女性として持っていたカリスマ性や、その生き方、活動的な性格、からくるものからであろう。

1919年、クチュリエとしてオートクチュールのコレクションを発表。シックで着心地の良さを追求し、シンプル&エレガンスを追求する。そのシンプルさは、彼女の考える女性の解放であり、女性のスタイルだった。

シャネルは「コルセットから解放した」という指摘が多いが、スタイルとしては、コルセットを外すなど、ファッションのムーブメントは、ポール・ポワレ、ランバンなどによりすでに始っていた動きで、シャネルがの先陣をきったわけではない。ただし機能的な側面を考えると、シャネルやジャン・パトゥなどの功績は大きく、そのファッション哲学は女性の社会進出の先駆けとなった。

身軽で動きやすい服を求めて、男性用の下着に使われていたジャージー素材にを取り入れたり、紳士ものであるツイード素材を女性用スーツに仕立て、女性がパンツを履くなどのスタイルを提案した。

シャネルはまた、喪服でしかなかった黒をファッションの色として取り入れたが、このことに関して、「きらきらした衣装を作るのは簡単でも、リトルブラックドレスを作るのは難しい」と語る。その他、ベージュ色を好み、「本当の大地の色」として、ジャージのスーツに織り込むなど、「ベージュの女王」とも呼ばれる。

21年、オードゥ・パルファムNO.5が登場。名前の由来は、番号が付けられた実験ボトルが並ぶ研究室で、シャネルが5番目のサンプルを取り上げ「これにするわ」と言ったことからで、世界の香水ベストセラーとなる「NO.5」が生まれた。

ちなみに、シャネルの服を取り上げる上でキーワードとなる、シンプル、エレガンス、実用的な服は、40年代後半のディオールのニュールックと対照的であった。

39年第2次世界大戦が近づくと、ココは自らの店を閉め、クチュール界から引退するが、53年、シャネルはかつての助手たちに「今すぐ、来るように。私たちはあと10年しか働けないのだから」電報を次のように電報を打って再びファッションの世界に復帰。

54年、シャネルがオートクチュールに復活。これはディオールのニュールックをはじめとするスタイルが、女性解放とはかけ離れたものであることに反する形でのカムバックとの説もあるが、定かではない。

シャネルはスーツを中心に、64年A/Wの「パンタロン・ルック」などシンプルで着易い服を提案した。戦前のころと同様の、黒のテーラードスーツをメーンにしたコレクションはファッションジャーナリストからは「過去のシャネルと変化がく、期待はずれ」と評価されたが、アメリカでは好評を得る。これは当時のアメリカは、すでに既製服が影響力を持ち出しており、実用的、機能的なデザインにシフトしつつあったからである。

71年、シャネルが他界。シャネルの死後、ブランドはやや低迷した。

低迷したブランドを救ったのがカール・ラガーフェルドで、彼は1983年からシャネルのオートクチュール、84年にはプレタポルテを担当。ラガーフェルドが加わってから、数年で、シャネルの売上は20%以上伸びた。

ブランドのラインナップとしても、時計や香水のラインを増やしていき、「シャネルのエスプリ」のキャッチフレーズで有名な、「ココ」、その他、「アリュール」、「ココ・マドモアゼル」、「チャンス」など現在でも人気の香水を発売していく。現在、シャネルは口紅など化粧品で有名なブランドだが、シャネル自身、「メイクに光を」と語るほど、化粧品の開発に熱心だった。

こうしてシャネルはトレンドセッターとしての地位を確立、シャネルの服のデザイン以外にも、サングラス、バッグと人気商品になった。2007S/Sコレクションを代表とするで白と黒を基調にしたミニスカート(ミニドレス)に大きなサイズのサングラスのスタイルは他ブランドにも大きな影響を与えた。







ぴかぴか(新しい)CHANEL 公式サイトぴかぴか(新しい)
http://www.chanel.co.jp/





ファッション・プレゼント・愛・好き  ・浜崎あゆみ・安室奈美恵・倖田來未 ・キラキラ・宝石・セレブ・ショッピング・美・永遠・結婚・LOVE・フルダイヤ・ハーフダイヤ・GUCCI・グッチ・PRADA・プラダ・CHANEL・シャネル・ルイ・ヴィトン・LV・エルメス・HERMES ・FENDI・フェンディ・ジョルジョ・エンポリオアルマーニ・ドルチェ&ガッバーナ・DOLCE&GABBANA・D&G・コムデギャルソン・ディオール・イヴサンローラン・ヴェルサーチ・エルメス・・グッチ・クリスチャン・ディオール・クリニーク・ゲラン・サルバトーレフェラガモ・ジバンシー・ジャンヌアルティス・ショパール・ジョルジオアルマーニ・ジャンポールゴルチェ・ドルガバ・バーバリー・ブルガリ・

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 117人

もっと見る

開設日
2008年4月15日

3356日間運営

カテゴリ
ファッション
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!