mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > すずかんゼミ2008

すずかんゼミ2008

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年8月4日 02:11更新

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

すずかんゼミ08冬学期〜善きポストモダンを構想する〜
東京大学で毎年行われているすずかんゼミが今年の冬学期も開講します!


【日時】
10/6〜1/26 毎週月曜 東大5限 16:20〜17:50 開講
・初回ガイダンス 10月6日(月) 16:20〜17:50
・第2回ガイダンス(グループ分け)10月20日(月) 16:20〜17:50

【場所】
東京大学 駒場キャンパス 5号館521教室

【今期のすずかんゼミの内容】
読書会とグループワークの二本立てで、よりよい社会システムを考案します!

・読書会
すずかんゼミでは毎年、情報社会論、ソーシャルプロデュース論基本にすえて運
営されてきましたが、その内容の根底には熱い思いがありました。その思いとは
、法と経済でまわされてきた近代の社会システムが今ほころびを見せつつあり、
この後に迫りくる社会システムをよりよいものにしていきたいというものです。
そこで今学期のゼミでは近代とは何だったのかということを理解し、その後の社
会の道筋をさぐるためヒントを得ることを目的とします。手段としては、それら
の学びのために有益であろう書籍の読破を第一の作業とします。

入門世界システム分析(ウォーラーステイン)
新しい戦争の時代と日本(渡辺治、後藤道夫)
情報文明論(公文俊平)
第三の道(ギデンズ)
マルチチュード(ネグリ)

・グループワーク
上記の書籍に関する議論と並行して、政治、教育、医療、農業と関心のあるテー
マに分かれ、グループワークも行います。今の時代で問題になっていることを、
来るべき時代にどう変化させていく必要があるか、という未来構想をします。

・イベント
読書会とグループワークの他に、イベントとして秋合宿や、駒場祭での三木谷氏
(楽天社長)と鈴木氏とのトークセッションの企画などがあります。こちらにも
ぜひ参加してもらいたいです。

何か質問等ありましたら、東京大学文科三類2年筒井諒太郎まで気軽に連絡して
ください。しっかり対応します。
携帯princeps.dictator.rt@ezweb.ne.jp
パソコンryotarotsutsui@hotmail.co.jp

それではガイダンス当日に皆さんの参加をお待ちしてます!


【すずかんゼミとは?】
現在民主党の参議院議員をしている鈴木寛氏が、駒場の教養課程において開講し
ているゼミナールです。そもそも鈴木氏が慶應義塾大学の教員だった99年に開
講したゼミが、現在につながるいわゆる「すずかんゼミ」のスタートでした。0
2年からは東京大学に場所を移し現在に至ります。今までに1000人を超える
教え子を輩出し、それぞれ社会に出て各方面で活躍しています。インカレゼミで
門戸は広く、毎年様々な学生が大学、専門分野の垣根を越えて議論しあう学びの
共同体です。

【すずかんとは?】
鈴木寛 略歴

東京大学法学部卒業。
通産省を経て、慶應義塾大学環境情報学部譲教授に就任し、その後参議院選挙に
当選。
2007年参議院選挙で二期目の当選をはたしました。

通産省では主に情報政策立案を担当。山口県に出向した際松下村塾を何度も訪れ
のちに教育に携わるきっかけに。民主党では次の内閣の文部科学大臣も経験。現
在も議員活動の傍ら東大をはじめ、中央大学大学院客員教授、早稲田大学IT教育
研究所客員助教授、大阪大学大学院ビジネスエンジニアリング専攻講師など教育
活動に携わっています。また鈴木氏がしかけたプロジェクトとして「コミュニテ
ィスクール構想」「日韓ワールドカップの誘致」「iモードの導入をはじめとする
日本のIT化」「日本の医療制度改革」があります。

いかがでしたでしょうか?この文面だけではなかなか書ききれないのですが、少
しでも興味をもっていただけたらぜひゼミのガイダンスに参加してください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 50人

もっと見る

開設日
2008年4月15日

3300日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!