mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > 絵を描いて旅をする

絵を描いて旅をする

絵を描いて旅をする

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年9月8日 06:24更新

旅をして、その先で出会った人たちと、小さなやりとり。


そこが例え海外で、言葉が通じなくても、

そのやりとりをする手段は、意外とたくさんあるものです。

私の場合は、それが「笑顔」と「絵を描くこと」でした。


___________________________


旅をしたときにつくづく役立ったものが、
スケッチッブックだった。

端切れに描いた何か、が旅の宝物になった。

荷造りで最初に用意したものが、絵を描く道具だった。

レストランでこんなものが食べたい、と絵を描いたら、
それとまったく同じものが皿に乗って出てきた。

現地の人に言葉を教わったとき、
その言葉と一緒にわかるような、わからないような、
そんな絵もノートに描き込んでもらえた。

お世話になった人へ、身ひとつだった私ができた
唯一のお礼が、その人の似顔絵を描くことだった。


人と人を結んだのが、絵であったことがある人。
むしろ絵で、そんな繋がりを作っていきたい人。

ここは、そんな人のための場所です。



小さな落書きが、その旅の最大の思い出に…
なるかもしれません。

___________________________

不定期で、私の旅の絵のエピソードを紹介します。
同じように参加者が、自分のエピソードを綴っていけたら
すてきだな、と思ってます。

                      2008.4.10

<私(管理人:あゆみ)の旅の記録>

トルコへ旅すると、いつも突撃で現地の人に声をかけ、
その人の顔を描かせてもらう。

私のフィールドワーク。
(むしろライフワークと呼びたい…)
絵を介したコミュニケーション。

シルクロード特有の人を受け入れもてなす精神を持ち、
日本びいきで、ちょっとミーハーで、
自分が大好きで、でも意外と照れ屋で、
裕福ではなくても自分の国や地域が一番だと誇り、
なんでもない日々を、もしくはとんでもない日々を
淡々と送りながら、なにかステキなことが起こるのを、
心の底から望んでいる人たち。
そんなトルコ人に、どうやら私は恋をしてしまったらしい。

気がつけば、トルコでのスケッチは100枚以上に及ぶ。
あげてしまったものを含めれば、それ以上。
スケッチをめくれば、一枚一枚の思い出が即座によみがえる。



「絵を介したコミュニケーション」
 http://mixi.jp/view_album.pl?id=13695571




「あなたの絵を描かせてくれませんか?」

トルコで出会った人たちに声をかけて
数分間、もしくは数時間のやりとり。
いつの間にか沢山の笑顔からは
沢山の絵が生まれていました。
目が合ったらまずは笑顔でこんにちは。
すべてはそこから始まります。

今まで出会えたすべての人に。
これから出会うすべての人に。

「Merhaba!」 こんにちは!
 メルハバ

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 4人
開設日
2008年4月10日

3167日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!