mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 砂原良徳

砂原良徳

砂原良徳

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

砂原良徳(Yoshinori Sunahara)を愛好する者が集うコミュニティです。

オフィシャルHP
http://www.y-sunahara.com/


1969年9月13日生まれ。北海道出身。サウンド・クリエーター/プロデューサー/DJ。 電気グルーヴに91年に加入し、99年に脱退。電気グルーヴは、初期の日本のテクノシーンに大きな影響を与えた伝説的ともいえる最重要グループであり、現在もテクノシーンを牽引する存在である。

電気グルーヴの活動と平行して行っていたソロ活動では、95年にアルバム『Crossover』、98年にはアルバム『TAKE OFF AND LANDING』、アルバム『THE SOUND OF `70s』という2枚をたて続けにリリース。『Crossover』、『TAKE OFF AND LANDING』の2枚は海外でもリリースされ、その名は世界で知られるようになった。ヨーロッパのプレスからは「新しい世代の新しいエレクトロニック・ミュージックの誕生」と絶賛を受けることに。『THE SOUND OF `70s』は航空会社「PAN AM」とのタイアップ作品であり、その高いコンセプト企画力にも注目が集まった。サウンド的にもソロ作ではテクノだけに留まることなく、ラウンジ〜ハウス〜ダウンビートetcを意欲的に製作。曲間、曲中に配されたSE、そしてセンスの光る音響処理、無機質で実験的でありながら、どこか洗練されイマジナリーなサウンドなど、サウンド・アートとも形容できる砂原良徳の世界がここで確立。

電気グルーヴ脱退後としては初となるアルバム『LOVEBEAT』を、01年に発表。(タイトル曲「LOVEBEAT」のプロモショナルビデオが、 01年度文化庁メディア芸術祭デジタルアート[インタラクティブ]部門 審査委員会推薦作品に選出。製作はteevee graphics の小島淳二氏。)プロデューサ−としても、約30万枚のヒットを記録したACO「悦びに咲く花」、01年に公開された映画「ピンポン」の主題歌となったスーパーカーのシングル「YUMEGIWA LAST BOY」、「BGM」などのプロデュースを担当。プロデューサーとしても高い評価を得ている。その他にも数多くのCM音楽を手掛けるなど、活動の幅を広げている。

現在は来年発売予定の5枚目となるオリジナル・フル・アルバムのレコーディング中である。

(以上、オフィシャルHPより抜粋)


# 芸名:良徳砂原(よしとく すなはら)
# 本名:砂原良徳(すなはら よしのり)
# 愛称:まりん
# 生年月日:1969/09/13 蟹座
# 血液型:B型
# 身長:164cm
# 体重:55kg
# 出身地:北海道
# 趣味:ツーリング
# 特技:英会話
# 好きな色:黒
# 好きな食べ物:サラダ
# 好きなスポーツ:女子プロ 
# 好きな女性:萬田久子
# 好きなマンガ:「マカロニほうれん荘」
# 好きなテレビ番組:小松政夫と伊藤四郎とキャンディーズが出てたヤツ
# 腕時計を右手にする

(以上、どうでもいい情報)

開設日
2004年04月27日
(運営期間4536日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
3680人
関連ワード