mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > KRL JABOTABEK RAILWAYS

KRL JABOTABEK RAILWAYS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月31日 23:16更新

インドネシア・ジャワ島の首都ジャカルタ、ジャポダベック都市圏を結ぶ
KRL ジャボタベック鉄道のコミュニティです。

※ジャボダベック都市圏とは、ジャカルタと、ブカシ(Bekasi)、ボゴール(Bogor)、デポック(Depok)、タンゲラン(Tangerang)それぞれの都市名から2-3文字を取って構成されている(Jakarta、Bogor、Depok、Tangerang、Bekasi)通称です。

ここではかつて東京で活躍したJR武蔵野線・東急田園都市線・東横線・大井町線・都営三田線・東京メトロ東西線・東葉高速鉄道などの
懐かしい電車達が現在も走り続けております。

以下Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/KRL%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF

中央線(ボゴール線)
区間:ジャカルタコタ - ガンビル - マンラガイ - デポック - ボゴール
路線長:54.7km
ジャカルタコタ - マンガライ間(9.7km)を中央線、マンガライ - ボゴール間(44.9km)をボゴール線と区別することもある。ジャカルタコタ - マンガライ間のうち約8.7km区間は高架化されている。

マンガライ駅の立体交差化が予定されている。(ブカシ線の項で後述)

非電化区間(ブカシ線方面)へ直通する長距離列車の多くは、ガンビルが始発・終着である。逆に、Ekonomi(普通)はガンビルに停車しない。

途中、チタヤンからナンボまで、また終点ボゴールから先、スカブミ方面への路線(いずれも非電化・単線)もあるが、列車の運行は無い。 日本から輸出された元東急8000系・8500系や元JR103系、元都営6000形が急行(Ekspres)としてジャカルタコタ - ボゴール間を走っている。


東線
区間:ジャカルタコタ - カンプンバンダン - ケマヨラン - パサールスネン - ジャティネガラ
路線長:11.8km
パサールスネンは、長距離列車の始発駅でもある。


西線
区間:ジャカルタコタ - カンプンバンダン - アンケ - デュリ - タナアバン - マンガライ - ジャティネガラ
路線長:15.6km
カンプンバンダンで、進行方向が変わる。


ブカシ線
区間:ジャティネガラ - ブカシ
路線長:14.8km
ブカシから先の非電化区間へは、バンドン、クロヤ、チルボン、ジョグジャカルタ、スラバヤ方面への中長距離列車が直通しており、ブカシ線内で線路を共用しているため、輸送力が逼迫している。また、ブカシ線から都心方面への直通列車は、東線経由でパサールスネン・ジャカルタコタへ乗り入れる他、西線 - 中央線経由でガンビル・ジャカルタコタへ、また西線経由でタナアバンへ乗り入れており[5]、西線マンガライ駅の平面交差が支障になっている。そのため、マンガライ - ジャティネガラ - ブカシ間の複々線化、およびマンガライ駅の立体交差化事業が、円借款により行われることになった(2012年完成予定)。併せて、ブカシより先のチカランまでの電化も行われる予定である。

日本から輸出された元東急8500系、元都営6000形が急行(Ekspres)としてジャカルタコタ - ブカシ間を走っている。


セルポン線
区間:タナアバン - セルポン
距離:23.3km
2007年に複線化された。また、"Green Line" の愛称が付された。

セルポンから先、メラクまで非電化・単線の路線があり、非電化区間からの一部列車はセルポン線・西線経由でタナアバンやジャカルタコタへ乗り入れる。


タンゲラン線
区間:デュリ - タンゲラン
距離:19.3km
この路線のみ、全線単線である。スカルノハッタ国際空港の近くを走るが、現時点では接続しておらず、空港連絡鉄道を建設する計画がある[6]。 元JR103系が急行(Ekspres)として終点のタンゲランまで走っている。


タンジュンプリオク線
区間:ジャカルタコタ - タンジュンプリオク、ケマヨラン - タンジュンプリオク
距離:9.0km(ジャカルタコタ - タンジュンプリオク)、9.5km(ケマヨラン - タンジュンプリオク)
カンプンバンダンで東線・西線の上を高架で交差し、観光地であるアンチョールを経て、港町であるタンジュンプリオクへと至る路線であるが、現在は定期列車の運行がない。日本から輸出された車両は、タンジュンプリオクで陸揚げされ、機関車牽引によりマンガライへ回送される。

なお、東線ケマヨラン - アンチョール間に短絡線があり、週末に限り臨時列車が運行される。



インドネシアで活躍する元日本の電車に興味のある方
屋根まで人を乗せたエコノミーに乗って懲り懲りした方

そして、これから行ってみたい方

KRL JABOTABEK RAILWAYSの世界へようこそ


2008年8月KRL JABOTABEK公式ホームページが遂に出来ました〜ぴかぴか(新しい)
http://www.krljabotabek.co.id/(インドネシア語サイトです)

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2008年4月9日

3240日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!