mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > マッシュ ―時代より熱く―

マッシュ ―時代より熱く―

マッシュ ―時代より熱く―

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年9月8日 00:22更新

マッシュ ―時代より熱く― 『週刊少年サンデー』、1990年〜 全11巻

『マッシュ』はいわば神童芸術家三部作であり、天才少年が生い立ちの逆境と闘い人生を切り開き、栄光を掴んでゆくさまが描き出されている。
マルセイユで似顔絵かきをしているマッシュの夢は、パリで本格的な絵の勉強をすること。荒削りながら、見る者すべての心を熱くさせる画才を持つ少年の活躍を描いた、ハートフル・アートコミック!

1990年から『マッシュ ―時代より熱く―』の連載開始をもって小学館に移籍、これ以降『週刊少年サンデー』などで執筆。
山田貴敏氏の公式HP
http://www.takatoshi.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E8%B2%B4%E6%95%8F

▼第1話/嵐の前の巻
▼第2話/衝撃の巻
▼第3話/マッシュの動揺の巻
▼第4話/苦悩の巻
▼第5話/失意の巻
▼第6話/絶望の中での巻
▼第7話/思いをこめての巻
▼第8話/血の海の巻
▼第9話/それぞれの思いの巻
▼第10話/画家の業の巻
▼第11話/画家の魂の巻
▼第12話/熱き心での巻

●主な登場人物/マッシュ・ロヴェール(画家志望の少年。マルセイユで似顔絵描きをしていたが、絵画展でその才能が認められパリへやって来た)、ソフィ(マッシュの幼なじみの少女。事故で両目を失明するが、その後の手術で奇跡的に回復)

●あらすじ/名もないコソ泥の青年・ピエールを新人画家に仕立て上げ、自らの描いた作品を彼の名義で発表し始めたヴォス。工場跡の廃屋で制作を開始した次なる作品は、息子・マッシュも出品するサントレノ国際芸術展への出品作である。ヴォス自身が「フランス画壇への宣戦布告」と銘打って描いたその絵は、途中でのぞき見したピエールに悪魔の絵と言わしめる、凄まじい迫力を秘めていて…(第1話)。

●本巻の特徴/新人画家・ピエールの登場で騒然となるフランス画壇。ヴォスの画策によって開催されることになった史上最大の公開オークションで勝ち残るのは、マッシュか? ヴォスか!? 心を熱くする最終巻…そこにある結末は!?

●その他の登場人物/アジュール(世界をまたにかける大画商。画商たちの間では“死画身(しにがみ)”の異名を取る危険な存在)、ヴァドー(かつてはフランス画壇の最高実力者だった伯爵。権力闘争の中で邸宅を焼失し、現在はソフィとともにひっそりと暮らしている)、ヴォス・ロヴェール(マッシュの父。類まれなる才能を持ちながらも、世に出る前に画壇を追放されてしまった異能の画家。画壇への復讐を目論む)、レジ・ピエール(街のチンピラ。ヴォスに雇われ、身代わりとなって作品を画壇に発表することに)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 3人
開設日
2008年4月9日

3168日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!