mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ニカラグアの貴公子☆アルゲリョ

ニカラグアの貴公子☆アルゲリョ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月15日 22:13更新

アレクシス・アルゲリョ(Alexis Argüello、1952年4月19日 - 2009年7月1日)は、ニカラグア初のプロボクシング世界王者。ニカラグア・マナグア出身。1974年から1981年までに3階級制覇を果たす。華麗なテクニック、端正な容姿から、リングの貴公子、またその痩身長躯に似合わぬ強打から“破壊的な痩せっぽち”とも呼ばれた。

戦歴88戦80勝(64KO)8敗

1967年プロデビュー。初の世界挑戦は1974年2月、エルネスト・マルセルの持つWBA世界フェザー級タイトルだった。この頃のアルゲリョはまだ無名の存在だったが、王者相手に大善戦し小差の判定負け。

9ヵ月後、マルセルが返上したタイトルを獲得した「ミスター・ノックアウト」ルーベン・オリバレスの初防衛戦の相手に選ばれる。アルゲリョは10回以降KO負けのピンチに見舞われるが、13回、左フックのカウンターでオリバレスを横転させ、さらに粘る王者を右アッパーで沈め見事世界タイトル獲得。

このタイトルは4度防衛し、いずれもノックアウト。3度目の防衛戦では来日し、「KO仕掛人」と呼ばれたロイヤル小林をボディで悶絶させ、一級の実力を見せつけた。

減量苦もあり、1976年にはタイトルを返上。この後一時引退するがすぐに復帰。

1978年、11度防衛中のアルフレド・エスカレラと対戦し、13回TKO勝ち。WBC世界ジュニアライト級(現スーパーフェザー級)タイトル獲得し2階級制覇を果たす。減量苦から開放されたアルゲリョは8度(7KO)の防衛を達成した後、タイトル返上。

1981年、アルゲリョはジム・ワットの持つWBC世界ライト級タイトルに挑み、ダウンを奪っての判定勝ち。3階級制覇を果たす。このタイトルは4度(4KO)の防衛を果たし、返上。

1982年、当時史上初となる4階級制覇を目論んで、アーロン・プライヤーの持つWBA世界ジュニアウェルター級(現スーパーライト級)王座に挑戦。強打をヒットさせるなど善戦したが、14回にプライヤーの連打に捕まりロープ際で滅多打ちにされ立ったまま失神。TKO負けを喫した。翌1983年の再戦でも10回KO負けとなり夢は叶わなかった。

1985年にボクシングへと復帰したものの、試合後の検査で心臓に欠陥があることが判明し、引退することになった。

引退後は政治家へ転身し、2008年にニカラグアの首都マナグアの市長に選出され、就任した。

2009年7月1日、拳銃自殺により死去。57歳没。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 32人

もっと見る

開設日
2008年4月6日

3341日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!