mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学校 > ゆとりの意味 そして教育とは

ゆとりの意味 そして教育とは

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年1月23日 06:50更新

もはや差別用語、子供をイジめるための言葉としてしか使われなくなった

「ゆとり」

この本来の意味を通じて日本の教育のあるべき姿を考えていこう、というコミュニティです。



本当のゆとり教育

 ゆとり教育といえば、バカの代名詞のような意味でつかわれることが多くなってしまった。
 そもそも、ゆとり教育とは何なのか、これを知る人は少ないであろう。
 ほとんどの人がゆとり教育の意味知らないからこそ、間違った教育となってしまったのだ。
 本質を知らない人間が指導したところで失敗は目に見えていたのだ・・・。
 
 まず、ゆとり教育とは何かを説明する前に、教育とは何かを説明しなければならない。
 我が日本では、9年間もの間義務教育として勉強をしなければならない。
 しかし、この9年間で学んだたくさんの学問のうち、すべてを覚えている人はごくごく少数であろう。
 ではなぜ大人になれば忘れてしまうような勉強をしなければいけないのか・・・?

 それは、いい高校に行っていい大学に入っていい会社に入るため。
 というのも間違いではない。
 一流企業に入るということは人生の安定を意味するからだ。
 一生安月給なのか、金銭的に豊かな生活をしたいのかといえば、ほとんどの人が後者を選ぶだろう。

 ほとんどの親は子供に金銭的に豊かな生活をさせてあげたいと思っている。
 なぜならほぼすべての人が金銭的な苦労を体験し、また苦労をしている他人の人生を見ているからだ。
 少しでも豊かな生活をさせてあげたいと、子供に勉強を強いた結果、受験戦争という結末に至った。
 その一方では目が合うだけで殴り合いをする人たちもいた。これが格差社会のはじまりだと私は思っているがここでは触れないでおく。 
 
 働いたことのある人間なら判るとは思うが勉強ができるからといって人間性ができているわけでもなく、仕事ができるとも限らない。
 むしろハンディキャップを背負い奮闘した叩き上げの企業家のほうがパワーがある場合が多々ある。
 ではなぜ一流大学を出ると一流企業に入れるのか。
 これは新卒至上主義とも言われている日本企業の体質のせいでもあるが、これについては話が長くなるのでここでは省略しておく。
 
 そもそも、勉強ができるということは、
 「与えられた問題や指示を前向きに、的確にこなすことができる」
 という意味である。
 この考えの下で話を進めると、勉強ができないということはそれが出来ない人間ということになる。
 これは極端な話で別に勉強ができないからといって仕事が出来ないわけではない。
 人間には得手不得手というものがあり、デスクワークが向いている人間もいればモノを作ることが得意な人間もいる。
 しかしながら、それを見極める材料が無いため(面接の5分や10分で見極めることはほぼ不可能であろう)
どうしても勉強という面で人を評価しなければならない。
 つまり、勉強ができるということは
 「理解力が高く的確に考え行動できる」
 という評価なのである。
 理解力が低く的確に考えられず行動力の無い・・・かもしれない人間を一流企業は雇用しない。

 勉強と仕事を繋げるたとえ話しに
 「勉強は子供の仕事だ」
 とよく言うが、これは例えでも何でもなく、まったくもってその通りである。
 繰り返し言うが、与えられた問題をこなすということは、どんな仕事においても同じである。それが勉強なのか、発注なのか、商品管理なのか、
PC操作なのか(あくまで一例だが)、という違いにしか過ぎない。
 それだけの違いだということを世の親、教師達はきちんと理解し、
子供に説明をすべきであるが、残念ながら的確にそれを子供に伝える親や教師は少ない。

 その無理解の結果
 「よくわかんないけど一流大学に入れればいいんでしょ?勉強させればいいんでしょ?」
 という間違ってはいないが明確でなく不透明な考えが社会に蔓延し、受験戦争などという結果に繋がってしまったのだ。
 
 その間違った状況を打破するために打ち出されたのが「ゆとり教育」である。
 本来、上記で述べたように勉強というのは、
 自身に与えられた指示をいかに前向きに考え努力し解決していくか
 というもののはずなのに、世の中は試験の問題を解くことに重点をおいてしまった。
 それを勉強をするということの本来の理念にそって「与えられた事柄を前向きにこなす」という事を伸ばそうというものであった。
 
 何度も言うが
 
 世の親、教師の何割がこのことを理解したであろうか?

 それは今の結果が物語っている。ゆとり世代といえば勉強が出来ない甘やかされた世代だと、勘違いした何も判っていない側の人間がバカにしているのだ。

 バカがもたらした結果をバカだと言う。

 もはや哀れですらある。

 そして今、勘違いされたままのゆとり教育は廃止され元々の間違ったつめこみ式の勉強法に戻ろうとしている。

 日本の教育はどうなってしまうのだろうか・・・。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2008年3月31日

3342日間運営

カテゴリ
学校
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!