mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > カッツン

カッツン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年12月15日 00:46更新

ジャニーズの新し目のグループであるカッツンのファンっぽい人のコミュ。
管理人もカッツンの事は良く分からないけど、ちょっと知ったかぶってソレっぽくコミュでも立ち上げれば時代の流れに乗れてると周囲の人を騙くらかす事ができると思ってファンのふりをしてみることにしました。
これで君も時代にノリノリさ!



以下、カッツンの事

KAT-TUN(カッツン)は、日本の男性アイドルグループである。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。所属レコードレーベルは専用のプライベートレーベルであるJ-One Records。2001年結成。

目次
1 概要
2 メンバー
3 略歴
4 作品
4.1 シングル
4.2 アルバム
4.3 映像作品
4.4 オリジナル曲
5 出演
5.1 バラエティ番組
5.2 テレビドラマ
5.3 CM
5.4 コンサート
5.5 舞台
5.6 連載
5.7 書籍
6 TEN-G
6.1 メンバー
6.2 オリジナル曲
7 関連項目



概要
2001年3月16日、音楽番組『ポップジャム』(NHK)の司会を務めていた堂本光一の専属バックダンサーとして、ジャニー喜多川の鶴の一声で結成する。そのため正式な結成日はあいまいであるが、4月7日という説が濃厚であると言われている。世間ではTV初登場はポップジャムと思われているが、正式なTV初登場は2001年3月30日放送のミュージックステーションSPである。
グループ名はメンバーの名字のイニシャルをつなげたもので、「勝運」や、「漫画のように、1ページ読むとまた次のページが読みたくなる」という意味から「cartoon」(漫画)にもかけている。字面から想像しにくい読み方であるため「カツーン」「カッツン」など共演者にも呼び間違えられる事が多々ある。
ハイフンはファンを意味している。

メンバー
グループ名の由来であるイニシャル順に記す。先頭のアルファベットは、該当のイニシャルである。

K 亀梨和也(かめなし かずや、1986年2月23日 - B型)
A 赤西仁(あかにし じん、1984年7月4日 -O型 )
T 田口淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 -AB型)
T 田中聖(たなか こうき、1985年11月5日 -B型 )
U 上田竜也(うえだ たつや、1983年10月4日 -B型)
N 中丸雄一(なかまる ゆういち、1983年9月4日 -O型)

略歴
2002年
8月、大阪松竹座で行ったコンサート「お客様は神サマー Concert 55万人愛のリクエストに応えて!!」の2日目に1日11公演を行った。
2005年
11月、『2005年ワールドグランドチャンピオンズカップ』の応援プロデューサーに就任する。
2006年
3月17日、東京ドームでコンサート「KAT-TUN SPECIAL TOKYO DOME CONCERT Debut "Real Face"」を行う。CDデビュー前のアーティストによる単独ライブは、同会場史上初である。
3月22日、1枚目シングル『Real Face』、アルバム『Best of KAT-TUN』、DVD『Real Face Film』でトリプルデビュー。KAT-TUNのためにジェイ・ストームの内部に立ち上げられた新レーベル、「J-One Records」からの発売となる。3作品がそれぞれオリコンチャートで1位を飾った事に加え、有線リクエスト、着うたダウンロードでも1位を獲得し、5冠を達成した。また、4月にはシングルがミリオンセラーを達成した。
4月3日、NEWS・関ジャニ∞との3組合同ファンクラブ、「You&J」が発足される。
7月19日、2枚目シングル『SIGNAL』をリリース。初登場1位を獲得。
10月12日、赤西仁がロサンゼルスへ語学留学するため芸能活動を休止する事が発表され、当面5人での活動となる。
12月7日、3枚目シングル『僕らの街で』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。作詞作曲は小田和正。
2007年
4月4日、KAT-TUNにとって初の冠レギュラー番組、『カートゥンKAT-TUN』が放送開始。
4月18日、『cartoon KAT-TUN II You』をリリース。初登場1位を獲得。
4月19日、赤西仁が語学留学先のロサンゼルスから帰国。翌20日にメンバー全員揃って帰国会見を行い、芸能活動復帰を表明した。以降再び6人での活動となる。
会見では翌日の仙台公演から全公演に帯同し、ファンへ挨拶するだけの予定だったが、アンコールで歌を2曲披露した。
大阪公演からは、赤西仁のコンサートグッズが販売開始。
完全復帰(フル出演)となった東京ドーム公演のみ、パンフレットをはじめ、写真入りの全グッズがこれまで販売されていたものから6人仕様に差し替えて販売された。
6月6日、4枚目シングル『喜びの歌』をリリース。オリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
11月21日、5枚目シングルとなる『Keep the faith』をリリース。作詞作曲は氷室京介(詞はSPINと共作)。12月3日付のオリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
発売1週目の売上としては2007年シングル1位の35.1万枚を記録。デビュー以来続く初動売上で30万枚を超えるのはこれで5作連続となった。同所属事務所の先輩にあたるKinKi Kids以来、約9年ぶり、史上2組目の快挙となった。
12月24日〜25日、『第33回ニッポン放送ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』(ニッポン放送)の司会を担当。(メインパーソナリティは同局で番組を持っている田口淳之介・赤西仁)
2008年
2月6日、6枚目シングルとなる『LIPS』をリリース。

作品
タイアップについてはジャニーズ タイアップ一覧#KAT-TUNを参照のこと。


シングル
Real Face(2006年3月22日)
SIGNAL(2006年7月19日)
僕らの街で(2006年12月7日)
喜びの歌(2007年6月6日)
Keep the faith(2007年11月21日)
LIPS(2008年2月6日)

アルバム
Best of KAT-TUN(2006年3月22日)
cartoon KAT-TUN II You(2007年4月18日)

映像作品
お客様は神サマーConcert 55万人の愛のリクエストに応えて!!(2003年2月26日)
KAT-TUN Live海賊帆(2005年5月3日)
Real Face Film(2006年3月22日)
Live of KAT-TUN "Real Face"(2007年4月11日)
TOUR 2007 cartoon KAT-TUN ? You(2007年11月21日)

オリジナル曲
シングル・アルバムに収録されておらず、なおかつソロ・デュエットを除いた曲を、仮名50音順に記す。


あ行
愛はいつも追いかけるモノ(作詞: ERYKAH、作曲: 石塚知生・高橋哲也)
OH-E-OH! 太陽のSalsa!(作詞: SPIN、作曲: 船山基紀)
オリジナル・ブルー(作詞: 相田毅、作曲: コモリタミノル)

か行

さ行
Six Groove(作詞: ha-j、作曲: ha-j、編曲: ha-j)
SIX SENSES(作詞: JOKER、作曲: 横野康平)
青天の霹靂(作詞: Satomi、作曲: 稲田潤)

た行
Change(作詞・作曲:堂本光一)
ツキノミチ(作詞: TAKESHI、作曲: 蔦谷好位置、編曲: 蔦谷好位置)
DESTINY(作詞: SPIN、作曲: 飯田建彦、編曲: ha-j)
DRIVE ME DRIVE ON(作詞: 西野健次、作曲: 宮崎歩)
ど〜にかなるさ

な行

は行
ピカピカ?(作詞・作曲: 永井真人)
FREAK OUT〜Try me one time,Try me one night〜 (作詞:清水昭男 Erykah 作曲:清水昭男)

ま行
Messenger(作詞: ERYKAH、作曲: 酒井ミキオ)

や行

ら行
Le ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜(作詞: SPIN・miguel、作曲: Akihito、編曲: ha-j)
『僕らの街で』(通常盤初回プレス)に「X'mas Remix 5 Version」が収録。
Rockin'(作詞: JOKER・SPIN、作曲: 森元康介)

わ行

出演
単独出演作品は各メンバーの記事を参照のこと。


バラエティ番組
8時だJ(1998年4月 - 1999年9月、テレビ朝日)
music-enta(2001年4月19日 - 2002年3月14日、テレビ朝日)
ミュージック・ジャンプ(1997年4月 - 2000年3月NHK BS2)
ザ少年倶楽部(2000年4月 -(BS2)
ポップジャム(2001年4月 - 2002年3月、NHK)
裸の少年 (2001年4月 - 2003年3月 テレビ朝日)までレギュラー出演。その後不定期出演
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 準レギュラー
ミンナのテレビ(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ)
KAT-TUN×3(2005年7月30日・8月6日、日本テレビ)
KAT-TUNのグラチャン応援プロジェクト(2005年10月1日 - 、日本テレビ)
歌笑HOTヒット10(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ)
ウタワラ(2006年4月 - 2007年1月、日本テレビ)
24時間テレビ29 「愛は地球を救う」〜絆〜(2006年8月26日 - 27日、日本テレビ) - メインパーソナリティ
高校生制服対抗ダンス甲子園(2006年12月30日、日本テレビ)
カートゥンKAT-TUN(2007年4月4日 - 、日本テレビ)
KAT-TUNの先輩教えて下さい!大人のオキテ100 ア〜ンドくりぃむ(2008年1月12日、日本テレビ)

テレビドラマ
怖い日曜日(1999年7月4日 - 9月26日、日本テレビ)
怖い日曜日〜新章〜(1999年10月3日 - 12月26日、日本テレビ)
熱血恋愛道(1999年1月10日 - 5月2日、日本テレビ)
怖い日曜日〜2000〜(2000年7月2日 - 11月26日、日本テレビ)
史上最悪のデート(2000年12月3日 - 2001年4月29日、日本テレビ)

CM
NTTドコモ
FOMA new9(902iS)「いくぜオンガク! 篇」(2006年6月)
NTT DoCoMo 903i(2006年11月26日 - 12月30日、JR西日本・大阪環状線の車体広告として)
企業広告「ぼくたちの自由篇」(2007年8月)
スカイパーフェクTV!
「新魔球篇」(2006年3月)
「フリーキック篇」(2006年5月)
「MUSIC LIFE! 篇」(2006年8月)
「スカパー! よくばりパックキャンペーン トナカイチャンネル? 篇」(2006年12月)
ロート製薬
もぎたて果実(2005年7月)
ロートCキューブ(2005年10月)
ロッテ
クランキー
「CMが地味? 篇」(2002年9月)
「クセなんだ♪篇」
「クセなんだ♪篇II」
「おいしい食べ方篇」
「ウォーキングバー篇」
プラスX
「グリーンアップル&レッドベリー篇」(2003年11月)
「ブルーシトラス篇」(2004年)
「ピンクベリー篇」(2005年)
「チームプラスエックス篇」(2005年11月22日 - 27日、全5話)
「ゴールドパイン衣装篇」(2006年2月)
「ゴールドパインガム3箱篇」(2006年2月)
「レインボーフルーティア篇」(2006年7月)
「オリジナルボトルキャンペーン篇」(2007年1月)
「マジックキウイ篇」(2007年7月)
「パワーオブフルーツ篇」(2007年11月)

コンサート
お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2002年8月10日 - 8月28日、2都市26公演)
Ko年モ Ah Taiヘン Thank U Natsu(2003年8月8日 - 8月28日、3都市10公演)
KAT-TUNの大冒険 de SHOW(2003年8月12日 - 8月20日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン、20公演)
KAT-TUN Live海賊帆(2004年12月28日 - 2005年1月10日、3都市14公演)
Spring 05 Looking KAT-TUN(2005年3月25日 - 3月27日、横浜アリーナ、4公演)
Looking 05 KAT-TUN(2005年5月29日 - 6月26日、5都市14公演)
Looking KAT-TUN 2005ing(2005年8月26日 - 8月28日、横浜アリーナ、6公演)
KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"(2006年3月17日、東京ドーム、1公演)
Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年3月28日 - 5月7日、8都市40公演)
Spring Tour '06 in TOKYO DOME Live of KAT-TUN "Real Face"(2006年5月13日 - 5月14日、東京ドーム、2公演)
TOUR 2007 cartoon KAT-TUN II You(2007年4月3日 - 6月17日、7都市28公演)

舞台
DREAM BOY(2004年1月8日 - 1月31日、帝国劇場)
「KAT-TUN&関ジャニ∞編」(2004年4月30日 - 5月7日、梅田コマ劇場)
「滝沢秀明編」(2004年5月8日 - 5月21日、梅田コマ劇場)
SUMMARY of Johnnys World(2004年8月8日 - 8月29日、原宿新ビッグトップ)
Hey! Say! Dream Boy(2005年4月27日 - 5月15日、梅田芸術劇場、34公演)
KAT-TUN vs 関ジャニ∞ Musical Dream Boys(2006年1月3日 - 1月29日、帝国劇場、38公演)
DREAM BOYS(2007年9月5日 - 9月30日、帝国劇場、38公演)

連載
ハートビートKAT-TUN(『POTATO』)
SECRET FACE(『duet』)
KAT-TUN'S MANUAL(Johnny's Web)
愛はKAT-TUN(『週刊ザテレビジョン』)
KAT-TUNスタイル(『月刊 TVnavi』)
R-One KAT-TUN(『月刊 TVnavi』)

書籍
KAT-TUN写真集 「KAT-TUN 1st. in NEW YORK」(2003年、ワニブックス)

TEN-G
TEN-Gは、KAT-TUNのメンバーが天狗になってしまった事を歌う、全米で大ヒットしたKAT-TUNの弟分グループであるという設定。2005年8月26日に行われた横浜アリーナでのコンサートで初登場し、2006年3月17日に行われた東京ドームでのデビューコンサート「KAT-TUN Special TOKYODOME CONCERT Debut "Real Face"」と「Spring Tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face"」の大阪公演3月28日の1部のみにも出演した。


メンバー
紫天狗(亀梨)
ピンク天狗(赤西)
腹黒天狗(田口)
青天狗(田中)
赤天狗(上田)
黄天狗(中丸)

オリジナル曲
TEN-"G"(作詞: ピンク天狗・青天狗、作曲: 吉岡たく)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2008年3月31日

3543日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!