mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 黙示録戦記KULI

黙示録戦記KULI

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年5月27日 18:48更新

黎明暦868
カガク大戦とも言われた第四次大戦、その大戦の勝者は軍事大国でも経済大国でもなく『カガク』そのものであった。

その大戦から百余年。
カガクと言う名の絶対神が地球を守り続けると人々は信じ続けていた。
しかし、カガクが長年の平和の果てにもたらしたものは荒廃と堕落・・
人類がその頭脳と発展の全てを集結させたマザーコンピューター「全能(ゼウス)」。
人類にとって名のとおり神にも等しいその人工頭脳のはじき出した未来は、人々を絶望させるに十分なビジョンであった。
頃を同じくして世界各地に降り注ぐ天災は、無法を尽くし、大地の恩恵を貪り尽した人類への地球(ガイア)からの鉄槌なのか?
宗教にすがることすら忘れ果てた人類にもはや希望はないかと思われた。

しかし、その頃に突如現れた特殊技能を持つ者達。その能力は神呈(ギフト)と呼ばれ、その絶対的なチカラ、奇跡とも思えるようなチカラで絶望に陥った人々達を救い一筋の光明をもたらした。
彼らは「楽園(エデン)」を結成し、正しい者、善なる者への未来を約束し信仰と勢力を増していった。
人類の最後の希望、地球の唯一の救世主。人々にとって「楽園(エデン)」が神の代わりを果たすのにそれほど多くの時間はかからなかった。
しかし、それが彼らによる絶対唯一統制国家設立計画「箱庭(ノア)計画」であり、序章の天災も彼らの所業であることを知る人間はごく一部なのであった・・・。

クリは天涯孤独の身であったが、幼い頃から明るく、歌うことの大好きな少女であった。彼女の歌声には不思議とみなを元気付けるチカラがあり、みな彼女のことが大好きであった。それが実はギフト『言霊(スピリッツ)』であることに本人も気づいていなかった。
それにいち早く気づいた「楽園」は彼女を取り込み、そのチカラを利用した。
自分の生き方に何の疑問も抱いてなかったクリは巨泉との出会いで真実を知り絶望する。「楽園」を抜け出したクリは、反楽園組織「パンドラ」と出会い行動を共にする。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2008年3月31日

3343日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!