mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Apollo Sunshine

Apollo Sunshine

Apollo Sunshine

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

USはボストン出身の3人組、
変態きらめきギターポップ・バンドApollo Sunshineのコミュニティ。

【Member】
Jeremy Black (drums, percussion)
Jesse Gallagher (vocals, bass, keyboard)
Sam Cohen (guitar, vocals, pedal steel)

【Biography】
ハイスクール時代にSam CohenとJeremy Blackは、バークリー音楽大学でのサマープログラムにて出逢う。その後、2人はそのまま大学に進み、音楽の製作とエニジニアリングを一緒に学び、彼ら自身のバンド"Cash"を結成。数えきれないほどのbass playerが変わっていった後、バークリー音楽大学のセミスターに参加していたJesse Gallagherに出逢う。(当時、Jesseは自分自身のバンド"Hill Valley"にいた。)ここでメンバー3人が揃い、"Apollo Sunshine"結成。
Jeremyパパは60年代Blades of Grassのバンドに、Jesseパパとママもまた70年代のフォークグループにそんな家に生まれたJeremyとJesseの2人とヒューストンの地で音楽が好きでテープ編集したり、ひたすらギターを弾きながら育ったSamの3人によりApollo Sunshineは生まれる。
Apollo Sunshineとしての最初のgigは、地元ボストンのTT The Bears Placeで行われる。その後もApollo Sunshineの名を広めるために2002年1年間かけて6000枚近い3曲入りdemo CDを配る。TT'sでのgigも重ね、観衆も増えていく。
2003年春に行われたWBCN Rock & Roll Rumbleでは、惜しくも最後の最後でDresden Dollsに負けるもApollo Sunshineは確実に力をつけていく。そして待望の2003年10月7日、1年と6日かけて作られた初アルバム"Katonah"がSpinArt Recordsからリリースされる。このアルバムニューヨーク州のKatonahのJeremyパパの家の敷地内にメンバー自身によって建てられたスタジオにてレコーディングされたものとか。(アルバムでその時の映像も見られます!)
アルバムリリース後もgigをこなし、2004年5月には地元ボストンで新聞社およびラジオ局主催のmusic poll(Boston Phoenix/FNX)にてBest New BandとAlbum of The Yearを勝ちとる。
2006年、2nd album"Apollo Sunshine"をSpinArts Recordからリリース。現在も全米を精力的にツアーしており、2007年6月のBonnaroo Music Feastivalにも出演が決定している。

遊び心が溢れててキラキラとした子供の頃の思い出のような音を鳴らしてくれるまだ未知数のバンドです。そんな彼らの音に心動かされてしまった人なら誰でも参加OKです。
まだまだ日本では知名度の低い彼らについて情報交換したり語り合えたりできたら素敵だなと思います。

公式サイトはこちら!>>>http://www.apollosunshine.com/

Myspaceはこちら!>>>http://www.myspace.com/apollosunshine

開設日
2004年09月13日
(運営期間4397日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
29人
関連ワード