mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > ヘボン(James Curtis Hepburn)

ヘボン(James Curtis Hepburn)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年12月10日 18:06更新

ジェームス・カーティス・ヘボン(James Curtis Hepburn,1815年3月13日 - 1911年6月11日)は、米国長老派教会系医療伝道宣教師であり、 ヘボン式ローマ字の創始者。医師。江戸時代に来日。最近では「ヘボン」ではなく、「ヘプバーン」や「ヘップバーン」と表記する場合もある。
プリンストン大学とペンシルバニア大学を卒業後、米国にて医療活動に従事したが、1859年(安政6年)医療・伝道活動を目的として、同じ志を持つ妻、クララ・メアリー・リート(Clara Mary Leete,1818-1906)と共に神奈川に上陸した。 ヘボンは施療事業をすると同時に日本語の研究を行い、日本最初の和英辞典『和英語林集成』を編纂し美国平文の名で出版。その際、日本語を転写する方法として採用したのが英語式の転写法であり、辞典の普及に伴い、ヘボン式ローマ字の名で知られるようになった。また旧約聖書や新約聖書の和訳においても中心的な働きをなした。
また、キリスト教主義教育を日本に根付かせることを望み、1863年(文久3年)横浜にヘボン塾を開設。その後、ヘボン塾は他のプロテスタント・ミッション各派学校と連携、1887年(明治20年)ヘボンは私財を投じて東京都港区白金の地に明治学院(現・明治学院大学・同高等学校)として統合し、明治学院初代総理に就任した。ヘボン塾から明治学院にかけての教育活動から、高橋是清、林董、島崎藤村など明治期日本を支えた多くの人材を輩出した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2008年3月27日

3289日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!