mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ピエール・キュリー

ピエール・キュリー

ピエール・キュリー

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年10月7日 00:03更新

キュリー婦人(マリ・キュリー)の夫。

ピエール・キュリー
(Pierre Curie, 1859年5月15日 - 1906年4月19日)
フランスの物理学者。
旧名マリヤ・スクロドフスカヤである。
1903年に妻と共にノーベル物理学賞を受賞した。

相当な知識人で、マリとともにラジウムやポロニウム発見のために文字通り心身を削った。ラジウム発見の頃には放射能が体を蝕んでおり、夜な夜な激痛に襲われて悲鳴を上げたがしかし、それでも科学を捨てることは無かったという。

彼の業績としては妻マリと共に成した放射能の研究が有名であるが、磁性の研究においても大きな業績を上げ、磁性体が温度を上げるとその性質を失うことを発見した。この業績にちなみ、鉄などの強磁性体がその磁性を失う温度のことを「キュリー温度(キュリー点、Curie Temperature)」という。

ある雨の日に辻馬車と荷馬車にはさまれて彼はその若い命を落とした。尚彼が命を落とした後、娘のイレーヌ・ジョリオ=キュリーとその夫で研究所の助手だったフレデリック・ジョリオ=キュリーがノーベル賞を受賞した。

なんでも自由にトピック立ててちょ。



キュリー婦人
http://mixi.jp/view_community.pl?id=317982

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2005年9月19日

4096日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!