mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Johnny Adams〜褐色のカナリア

Johnny Adams〜褐色のカナリア

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年6月8日 22:37更新

こちらは、ブルース、R&B、ジャズをクロスして活躍したニュー・オーリンズの偉大なシンガー、「褐色のカナリア」ジョニー・アダムスのファン・コミュニティです。

__________________

ジョニー・アダムス (Johnny Adams, 1932年1月5日 - 1998年9月15日)は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動したR&B歌手。本名は、ラテン・ジョニー・アダムス・ジュニア。その美しいファルセットを効かせた声から、黒いカナリヤ (The Tan Canary)の愛称で親しまれた。

ソウル・リヴァイヴァーズ、ベシー・グリフィン&ハー・ソウル・コンソリデーターズなどのゴスペル・グループの歌手として活躍した後、1959年、リック・レーベルから"I Won't Cry"でデビュー。リックのほか、60年代にはウォッチ、ゴーンなどの地元レーベルからもシングルをリリースしている。特にSSSレーベルの"Release Me"(1968年)はカントリー色を押し出したバラードで、彼の代表曲のひとつに数えられる。

彼の名前が広く知られるようになるのは、1984年にラウンダー・レコードからの1作目「From The Heart」をリリースしてからになる。以降は、以降亡くなるまで同レーベルに所属し、計9枚のアルバムをリリースした。コンテンポラリーなソウルからジャズまで歌いこなしたラウンダー時代の作品はファンの間でも評価が高い。1986年には、アール・キングとともに来日公演も行っている。

1997年に前立腺ガンに侵されていることが判明する。闘病生活に入るが、その後も彼のために企画されたトリビュート・コンサートなどには姿を現した。翌1998年春のニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルにも出演した。同年夏には、闘病中にレコーディングを重ねたアルバム「Man Of My Word」をリリースする。同作は、病魔を忘れさせるような渾身の作でファン、メディアからも好評を博すが、アルバム・リリース約1ヵ月後の9月15日、アダムスはバトンルージュ市の病院で亡くなった。66歳だった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2008年3月24日

3384日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!