mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > フィリピン共生プロジェクト

フィリピン共生プロジェクト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月13日 23:05更新

Philippine Symbiotic Project(PSP)のコミュニティです。
どなたでもお気軽に参加してください。
トピックはプロジェクト関係からフィリピンのこと全般、
はたまたPlay Station Portable(PSP)のことまでご自由にお立て下さい。

Web site:http://www.psp-youth.org/
詳しくはWEBページをご覧ください!



★★About Philippine Symbiotic Project★★

フィリピン共生プロジェクト(PSP)は、日本の大学生を中心に構成される、若者主体の任意団体です。

「異なる環境に住むユースと協働し、共生可能な社会をつくる」
ことを活動理念とし、
「自分たちが楽しみつつも、効果的かつ実質的な活動を行う」
ことを活動方針としています。

2007年10月にフィリピンのスモーキーマウンテンに住むユースから協働を提案されたことで動き始め、
2008年3/8〜3/17の間に現地でのパイロット調査を行い、正式なプロジェクト立ち上げとなりました。

構成員は東京近郊の大学生中心に、現在10名ほどがコアで動いています。




現在進行中のプロジェクトは下記の二つです。

●スラム農業プロジェクト

東洋最大のスラム、マニラのトンド地区で活動するユース団体KSKと協働して、スラムの土地で農業を行い、彼らの生活向上を図ると共にKSKの能力構築を目指します。

トンド地区はスモーキーマウンテンと呼ばれる巨大なゴミ山のある地域で、
そこでのゴミ拾いを職とする人を中心にスラムが形成されています。
KSKはそのトンド地区出身の若者で構成された互助組織です。
パイロット調査では彼らの自宅にホームステイして話し合いました。

PSPとしては農業技術・管理方法の知識提供や、
フィリピン内の他アクターを結びつけるなどの協力を中心に行う予定です。


●アエタ族薬草プロジェクト

ピナツボ山付近に居住するフィリピンの少数民族アエタ族の農村で伝統的に使われている薬草を、現地の国立大学の学生とともに調査し、データベース化、後世に残します。将来的には薬草知識を財として活用し、彼らの生活向上まで結び付けることを望んでいます。

調査地区はザンバレス州ボトラン市のアエタ族の農村で、そこの住民は1991年ピナツボ火山の噴火による被害で移住してきた人々です。調査において協働する相手は、ラモンマグサイサイ記念大学農学部の学生です。

ボトラン市の全面協力の下、農村にありながらインターネットが使えるので、
国際的分業によってプロジェクトを進める予定です。




発足して間もない団体ですので、様々な関わり方ができます。
興味をもたれた方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ先:infoあっとpsp-youth.org
Web site:http://www.psp-youth.org/



■■■検索ワード■■■
フィリピン 共生 ユース 国際協力 ボランティア 学生団体 スラム 
トンド ボトラン アエタ族 薬草 プロジェクト

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2008年3月23日

3529日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!