mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 原 錙 覆呂蕁,蠅腓Α

原 錙 覆呂蕁,蠅腓Α

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月1日 00:04更新

原 錣寮こΔ旅イな方 多いに話しましょう!!!

沢崎のブルーバードに乗りたい人!!

沢崎の事務所をつきとめたい人!!

読んだこと無い方、名前さえ知らない方でも、本の事や

これからの ハードボイルドについて語りましょう!!!!

日本のチャンドラーと形容されますが、いやいや、世界の原 錣任垢茵!


ハードボイルド夜明けは何処にあるんでしょうか???←探偵物語より引用

原 錙覆呂 りょう、1946年12月18日 - )は、日本の作家・小説家。本名は原 孝。 佐賀県鳥栖市生まれ。佐賀県立鳥栖高等学校、九州大学文学部美学美術史科卒。大学卒業後上京、ジャズピアニストとして活躍。その後帰郷し執筆に専念、1988年に第2回山本周五郎賞候補作、新宿に事務所を構える中年私立探偵・沢崎を主人公とした『そして夜は甦る』で作家デビュー。 作品は自身も愛読したレイモンド・チャンドラーの作品群に影響を強く受けており、原はその事やチャンドラーへの憧れ、敬意を表明している。また、「そして夜〜」の「あとがきにかえて」では『ひとつのハードボイルド論――マーロウという男』という沢崎と同作に登場したライター・佐伯とがマーロウについて語り合う内容のものを執筆している。

「そして~」から第2作「私が殺した少女」発表まで1年半、「私が~」から第3作「さらば長き眠り」発表まで(短編集を挟んで)6年、「さらば~」から第4作「愚か者死すべし」発表まで9年を要しており、デビュー以来19年で長編4作、短編集1冊、エッセイ1冊(文庫化にあたり2分冊化)と、自他ともに認める寡作、遅筆作家。(「私が~」を発表したのが「そして~」から1年半後であったことに対して)「我ながら驚くほどの遅筆ぶり」であるとあとがきで述べている。

2008年春に第二期「沢崎シリーズ」第二作を刊行予定。

なお主人公である「沢崎」の、下の名前は著者しか知らず、発表の予定も公表するつもりもないらしい。

略歴
1946年 佐賀県鳥栖市生まれ。
1988年 『そして夜は甦る』でデビュー。
1989年 『私が殺した少女』で第102回直木賞受賞。
1991年 『天使たちの探偵』で第9回日本冒険小説協会最優秀短編賞受賞。

[編集] 主な作品
『そして夜は甦る』(早川書房, 1988)
『私が殺した少女』(早川書房, 1989)
『天使たちの探偵』(早川書房, 1990)
『さらば長き眠り』(早川書房, 1995)
『ミステリオーソ』(早川書房, 1995)
『愚か者死すべし』(早川書房, 2004)
『ミステリオーソ』『ハードボイルド』(早川書房, 2005)---『ミステリオーソ』の分冊化による文庫版
 タイトル未定 (早川書房,2008)---第二期「沢崎シリーズ」第二作

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2008年3月17日

3298日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!