mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > PC Engine GT

PC Engine GT

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月30日 23:09更新

PC Engine GT
幻のゲーム機

PCエンジンGT(ピーシーエンジンジーティー)とは、1990年12月1日に日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売された携帯型ゲーム機。PCエンジンの一種である。当時のメーカー希望小売価格は44,800円。

北米市場ではTurboExpress(ターボエクスプレス)の商品名で発売された。

概要:
PCエンジンSGを除くPCエンジン用のすべてのHuCARDタイトルがそのまま遊べる。 画面はカラー表示で2.6インチのTFT液晶を採用していた。別売りのTVチューナーを装着すると液晶テレビとして使用できる。発売当時のTVCFには、大竹まことを起用し「GTならテレビも見られるしね」を謳い文句にしていた。 コントローラーには連射機能付き。 通信端子が設けられ、対応ソフトであれば専用ケーブルでGT同士をつなぐとゲームボーイのように対戦ゲームが楽しめる。 本体に拡張バスが無く、CD-ROM²等のPCエンジン用各種周辺機器は接続不可。

同時期のカラー携帯ゲーム機ゲームギアと比べて高価な液晶を使用したため、表示は美麗ながら価格が倍以上と高価であった。 また、2.6インチの小さい画面サイズのためRPGのパスワードが読みづらかった。 液晶画面がバックライト付きのため電池の持ちが悪く、アルカリ乾電池6本で約3時間程度しか持たなかった。

販売数はゲームボーイには遠く及ばず、短期間で市場から姿を消した。なお、PCエンジンGTは世界で初めて据え置き型ゲーム機との互換性がある携帯型ゲーム機でもある。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2008年3月16日

3231日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!