mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ヴェイエルガンス

ヴェイエルガンス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2008年8月10日 09:39更新

 僕はどうやら上品ぶったところがあるようだ。一九六〇年代には、薬局で他に客がいるとタンポンを買うこともできなかった。デルフィーヌが初めてタクシーの中で僕のコートの中に手を入れ、ペニスを弄びはじめたときは、恐怖と快感のあまり危うく失神するところだった。ちなみに、彼女には電車のなかで弄ばれたとこもある。他に乗客のいないコンパートメントで、彼女が通路側のカーテンを閉めたとき、僕は舌を縺れさせながら言った。「でも、車掌が来たら?」「それよ。それが刺激的なの」あのとき、僕らはまだ二十五歳だった。その後、気づいたのだが、女性にとって、僕は公の場で愛撫したくなるタイプの男らしい。レストランのテーブルの下でとか、電話ボックスの中でとか、待合室でとか、夜、人通りの少ない道に停めた車の中でとか……きっと、こうした経験は誰にでもあることだろう。だが、僕は今まで一度も友だちにこの話をしたことがない。なぜか? それは慎みというより(それでは言葉が弱い)、僕の極度のはにかみのせいだろう。あるいは「かまととぶり」というべきか。その例なら僕の過去にいくらでも見つかる。

            (ヴェイエルガンス『母の家で過ごした三日間』より)


 http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=09207



【フランソワ・ヴェイエルガンス François Weyergans】

 1941年ベルギー・ブリュッセル生まれ。パリ在住。モーリス・ベジャールのドキュメンタリーを始め、何本かの短編映画を監督・制作したのち、1973年『道化師 Le Pitre』を発表、作家としてのキャリアをスタートさせる。代表作に『コプト人マケール Macaire le Copte』(1981年、ドゥ・マゴ賞)、『ボクサーの錯乱 La Démence du boxeur』(1992年、ルノドー賞)、『フランツとフランソワ Franz et François』(1997年、フランス語大賞)など。本書は、ウエルベックやトゥーサンの作品を抑え、2005年ゴンクール賞に輝いた。

                          (白水社のサイトより引用)


 フランソワ・ヴェイエルガンス(François Weyergans)のコミュニティです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2008年3月14日

3362日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!