mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ジェイミー・キャラガー

ジェイミー・キャラガー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月27日 19:25更新

DFと言えば真っ先にキャラガーが出てくる
リヴァプールが好き
テリーよりファーディナンドよりやっぱりイングランド代表のCBはキャラガーだ!!!って人はどんどん参加して下さい。
 
本名 ジェームズ・リー・ダンカン・カラガー
愛称 キャラ、ジェイミー、ザ・ロック
James Lee Duncan Carragher
国籍 イングランド
生年月日 1978年1月28日(30歳)
出身地 ブートル
身長 185cm
体重 83kg
在籍チーム リヴァプール (イングランド)
ポジション DF
背番号 23
利き足 右足
代表歴
出場 34
得点 0

ジェームズ・リー・ダンカン・カラガー(James Lee Duncan Carragher、1978年1月28日- )は、イギリス、マージーサイド州、ブートル出身のサッカー選手。リヴァプールFC所属。ポジションはDF。日本語ではカラガーとも表記される。
【人物】
スティーヴン・ジェラードと並ぶリヴァプールFCの象徴的な存在で、副キャプテンも務める。対人プレーに滅法強く、「ザ・ロック」(岩)の異名をとる。ディフェンスラインのどこのポジションでもこなせるユーティリティー性も魅力の一つで、2006年12月に相次ぐアクシデントでリヴァプールのCMFが払底した際にはジェラードと組んで中盤を務め、高評価を得ている。
リヴァプールの監督、ラファエル・ベニテスが国内最高のDFと称するほど優れた選手だが、イングランド代表では、同じポジションにリオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、かつてはソル・キャンベルなどといった素晴らしい選手が多く、彼らの後塵を拝する待遇が多かった所為か、国際的な知名度は低い。しかしその実力は彼らに何ら見劣りするものではない。また、フェアプレー精神が強く、汚いプレーを見たときはよく声を荒げて怒る。
【略歴】
リヴァプールのユースチームで育ち、1996-1997シーズンにトップデビューを果たすと、翌シーズンより監督に就任したジェラール・ウリエに重用され、出場機会を増やして成長。1999年4月28日のハンガリー戦で代表デビューを果たし、守備の要として活躍をみせる。2000-2001シーズンにはUEFAカップ、FAカップ、リーグカップの三冠(トレブル)を達成した。
2002年の日韓W杯には出場ならず、その後も故障で戦線離脱するなど苦しい時期も続いたが、2004-2005シーズン、それまでは両サイドバックでの出場が多かったがラファエル・ベニテスにより本格的にセンターバックにコンバートされると、リーグ戦全試合に出場を果たし、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献した。
イングランド代表としては、必ず招集はされるものの、その実力を発揮させる機会が与えられることは少なかった。特にドイツW杯の後、イングランド代表監督がスティーブ・マクラーレンに替わったことで代表としての出場機会は激減。テリーやファーディナンドが不調や怪我で出られない時でもスタメンでの出場はままならず、悩んだ末にクラブチームでのプレーに全力を注ぐべく2007年8月、まだ20代の若さながらイングランド代表を引退した。
(その3ヶ月後、イングランドはまさにテリーとファーディナンドを欠いた状態で、急造ディフェンス陣を突かれクロアチアにホームで惨敗、UEFA欧州選手権2008を屈辱の予選落ちで終える事になる。キャラガーの代表引退は結果的にイングランド全体に大きく影響することになった)
【エピソード】
ユース時代からリヴァプールFCに所属し、現在ではスティーヴン・ジェラードと共にリヴァプールの象徴的存在としてファンから絶大な信頼を得ているが、実は子供のころからのエヴァートンFCの大ファン。共に同じ都市に本拠地を置くリヴァプールとエヴァートンが戦うマージーサイド・ダービーは特別な思い入れがあるという。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 133人

もっと見る

開設日
2008年3月7日

3371日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!