mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ジャン=ピエール・パパン

ジャン=ピエール・パパン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月30日 14:59更新

ジャン=ピエール・パパン(Jean-Pierre Papin、1963年11月5日 - )

フランス、ブローニュ=シュル=メール出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW(センターフォワード)。


略歴
地元の2部チーム・バランシアンヌに入団し、1985-1986シーズンにクラブ・ブルッヘへ移籍するとすぐさま活躍を見せてカップ戦優勝に貢献し、自身もリーグの得点王を獲得。

1986年2月26日の北アイルランド戦で代表デビューを果たし、同年のメキシコW杯にも出場し得点を挙げたが、ワールドカップ出場はフランスが1990年のイタリアW杯と1994年のアメリカW杯の出場権を逃がしたこともあり、1回にとどまった。

まだ現役選手であった地元開催の1998年大会では、本大会一次リーグのドロアーもつとめた。


翌シーズンにはマルセイユへ移籍を果たし、1987-1988シーズンから5年連続で得点王に輝くとともに、リーグでは4連覇を達成。

1991年にはFIFA選出の最優秀選手に輝き、バロンドールを受賞するなど、ワールドクラスのストライカーに成長した。

1992年から所属したACミランでは2度のリーグ優勝や欧州チャンピオンズカップ優勝などに貢献した。

小柄だが快速で心臓も強く、特にオーバーヘッドキックは彼の十八番で、ボールへの入り方やジャンプのタイミングも正確。
大抵はボールの芯に当たって強烈なシュートとなってゴールにとんでいった。

1994-1995シーズンからはドイツ・ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘンに所属。その後フランスに戻り、ボルドーやギャンガンに在籍。

1999年に選手生活に終止符を打った。

2004年からはCFA2(フランスリーグ5部に相当)で監督としてのキャリアをスタートし、2006年からリーグ・ドゥ(2部)所属のストラスブールの監督を務める。

2006-2007シーズンに1部昇格を果たした後、ストラスブールを退団した。

2007-2008シーズン途中からランスの監督に就任したが、チームの降格を防ぐことができずシーズン終了後に解任された。

2009年にフランス地域リーグのファクトゥール・ビガノで選手として現役復帰した。

所属クラブ
ヴァランシエンヌFC(フランス) 1979-1981、1984-1985
INF(国立サッカー学院)ビシー(フランス) 1981-1984
クラブ・ブルッヘ(ベルギー) 1985-1986
マルセイユ(フランス) 1986-1992
ACミラン(イタリア) 1992-1994
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) 1994-1996
ボルドー(フランス) 1996-1998
EAギャンガン(フランス) 1998-1999
ファクトゥール・ビガノ(フランス) 2009〜

指導歴
FCバサン(フランス) 2004-2006
ストラスブール(フランス) 2006-2007
ランス(フランス) 2007-2008

(以上、Wikiより抜粋。)

探していたのですが無かったのでコミュニティーを作りました。
正直、あまり詳しく無いのですが、これを通じて知れればと思っております。

基本的には主旨に基づいた書き込み等は自由ですが、荒らしや個人への誹謗中傷は禁止でよろしくお願い致しますね。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 36人

もっと見る

開設日
2008年3月2日

3459日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!