mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Johnny Richter

Johnny Richter

Johnny Richter

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月7日 11:46更新

kottonmouth kingsのMC、ジョニー・リクターのコミュです。

リクターはコットンマウス・キングスのオリジナル・メンバーで、同じコットンマウス・キングスのDロークとは3軒隣だったこともあり小学生からの付き合いである。子供のころは行いが良くなかった為、聖歌隊へ入れさせられ、それが今に繋がる事になる。高校生になり近所のDロークとセイント・ドッグとともにP-Town Ballersを結成。結成と言ってもこのチームはバスケットボールのチームで、その後バスケットボールに当時はハンブル・ゴッズのヴォーカリストだったコットンマウス・キングスのダディXも参加。ある日リクターのVWバンに乗ってジョイントを焚いてた時ラジオからLL Cool Jの曲が流れ、それに合わせリクターがラップを完璧にこなしたことにダディXは目をつけ、Dロークとセイントとリクターの3人でMCをやるグループの結成を促しCotton Mouth P-Town Ballersとしてキャリアをスタートした。このグループ名はHumble Godsのアルバム「No Heroes」で確認できる。このころはKじゃなくてC。パンクロックシーンで、白人がラップすることがどれだけ大変な事か計り知れない時代に未成年だった3人組は出演時間以外はクラブに出入り出来なかったりしたが、人気を集めだした。そしてコットンマウス・キングスの1stアルバムを作成中に家庭の事情等でリクターはグループを離れた。そしてリクターの穴をそれまでプロデューサーで裏方だったダディXがグループに加入し、コットンマウス・キングスはデビュー・アルバム「ロイヤル・ハイネス」をリリースした。そしてセカンドアルバム制作時にセイント・ドッグがグループを離れ、その際リクターがコットンマウス・キングスへ復帰した。そしてその後ラップは勿論のこと、聖歌隊で鍛えた歌を携えていたリクターはコットンマウス・キングスにメロディー(歌)を持ち込み音楽性の幅をより広げることになった。




☆関連コミュ☆
Kottonmouth Kings
http://mixi.jp/view_community.pl?id=14250

SUBURBAN NOIZE RECORDS
http://mixi.jp/view_community.pl?id=32582

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 170人

もっと見る

開設日
2008年2月26日

3205日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!