mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 辻元清美

辻元清美

辻元清美

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんな〜ちょっと聞いて〜
無視せんといて〜

派手なオンナ左翼


2002/3月 『週刊新潮』により、辻元清美議員による秘書給与流用疑惑が報道。

2002/4/25 衆議院参考人質疑で、政策秘書に勤務実態があったかのように答弁。実は虚偽答弁であったことが翌年の辻元逮捕後に判明する。

2002/8/19 元政策秘書(佐々木美枝、邊見眞佐子)に支給された給与全額に利子を加えた額(約2300万円)を自主返還。

2003/7月 警視庁捜査2課が6月に、辻元本人と元政策秘書らから事情聴取したことが明らかに。

2003/7/18 辻元清美と、初代政策秘書・佐々木美枝、元公設秘書・梅澤桂子、名義借り指南役とされる土井の元政策秘書・五島昌子(本名・渡辺昌子)の4名を秘書給与詐欺容疑で逮捕。

2004/2/12 東京地裁判決で、辻元清美に懲役2年執行猶予5年、五島昌子に懲役1年6カ月執行猶予4年。控訴なし、2/26に同判決確定。


そもそも、土井の秘書五島昌子は、60年代に社会党に加入戦術を試みた国際過激派組織第四インター党員であり、ゴリゴリのトロツキストである。この五島、いまだに社会民主主義政党の革命党化の夢を捨てていない。知名度と田中真紀子的カラ人気のある土井たか子というカードを持つ五島は、旧社会党の崩壊に、おのれの夢を実現するチャンスを見た。彼女は、土井を巧みに操縦しつつ、辻元ら赤軍一派の党内勢力拡大に手をかしてきたのである。これに、現役の中核派党員と噂される福島瑞穂が合流し、今や社民党内の「新左翼過激派」勢力は、村山派や旧民同系を大きくしのぐ勢力に成長したのである。

五島−辻元−福島の社民党乗っ取り戦略は、いとも単純なものであった。選挙で票の取りやすいオンナ左翼を見つけだしては、辻元−福島の援護のもとに市民派の仮面をかぶらせて選挙に立候補させるだけである。この戦略は、単純ではあるが、よく考え抜かれていた。社民党結党以来、雨後の竹の子のようにわいて来た低レベルの「自称市民派」のケダモノ女ども。かかるお調子者の女左翼どもには、必ず、男性の過激派崩れが何人も仕えているから、派手なオンナ左翼一人捕まえれば、多くの兵隊を手にすることも出来るのである。

かくして、辻元−福島派は芋蔓式に勢力拡大を続け、肩で風を切る勢いとなった。その勢いを示したのが村山自己批判劇であった。辻元は、党内の勢力を背景に、ついに村山に自己批判を強要するに至ったのである。「村山政権は間違いでした」と惨めにわびるスパイ村山。これだけでも、社民主流派=朝鮮労働党金正日派=村山派にとっては面白くないところであるが、彼らにとってさらなる問題は、社民党乗っ取りをはかる五島−辻元ラインが、朝鮮労働党内ハードライナーとつながっていることだという。


韓国人権委 背後に親北“圧力”団体 北の人権に消極的な理由、月刊誌暴露

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000011-san-int

開設日
2005年09月12日
(運営期間4031日)
カテゴリ
会社、団体
メンバー数
23人
関連ワード

おすすめワード