mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 飯田房太

飯田房太

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月25日 12:59更新

飯田房太大尉(戦死後二階級昇進・中佐)


山口県出身
海軍兵学校第62期

昭和16年12月8日 ハワイにて戦死


当時海軍中尉だった藤田恰与蔵氏は、次のような思い出を残されている。

―真珠湾に向けて航海中、我々搭乗員はよくミーティングと称して戦闘分隊長の飯田大尉(階級当時)のもとに集まり、いろいろな話をしていました。


あるとき分隊長は「もし敵地上空で燃料タンクに被弾して、帰る燃料がなくなったら貴様たち、どうする。」と言われた。


皆それについて、ああでもない、こうでもないと話していると、分隊長は「俺なら地上に適当な目標を見つけて自爆する。」

それを聞いて、我々もそうしようと申し合わせました。


―昭和16年12月8日、〇七四五(午前7時45分)、飯田大尉はハワイ第二次攻撃隊第三制空隊隊長として零戦に搭乗、航空母艦「蒼龍」を発艦、飯田機を先頭に8機を率いてオアフ島に向かった。

オワフ島上空は第一次攻撃隊の攻撃により猛煙におおわれ、目標の確認は困難であった。こんな不利な視界状況に加えて、アメリカ軍は第二次攻撃に対する防禦態勢を整えており、その防禦砲火は激烈を極めた。

制空隊の攻撃目標は二つ。

(1)敵戦闘機の捕捉殲滅、
(2)空中に敵機なき場合は地上の飛行機銃撃。

飯田隊は攻撃区分に従い、カネオヘ飛行場に整然と並べられている敵機を銃撃し、大戦果をあげた。

飯田機は機首を転じて上昇、列機もこれに続く。そのまま列機を率いて母艦帰投方向にしばらく飛び、列機にその方向を明瞭に理解させた後、反転した。

飯田機はカネオヘ飛行場銃撃時、敵の対空砲火で燃料タンクを被弾し、ガソリンが流出していたのだ。



飯田大尉は手を振って列機に別れを告げ、従容としてカネオヘ飛行場に突入し、壮烈な最期を遂げた。


飯田大尉は、自己の信念に生きたものといえよう。自爆を決意しながら、傷ついた愛機を駆ってこれから母艦に帰投する列機を誘導し、その針路を示したのであった。

因みに当時はまだ航法機器が不十分で、レーダーも装備されていなかったので、単座戦闘機の洋上長距離推測航法は困難であった。
それであらかじめ帰投集合点と引揚時刻を定めておいて、複座の攻撃機(隊)が戦闘機(隊)を誘導して帰投する例になっていたのである。





靖国神社〜英霊の紹介〜
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html

飯田房太大尉について
http://navy75.web.infoseek.co.jp/kaisouroku/kaiso-25.html


キーワード
飯田 房太 大尉 中佐 真珠湾 奇襲 パールハーバー ハワイ オアフ島 カネオヘ トラ!トラ!トラ! ワレ奇襲ニ成功セリ 大東亜戦争 太平洋戦争
零戦 21型 被弾 自爆 大日本帝国 空母 蒼龍 12月8日 海軍

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2008年2月6日

3602日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!