mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ☆超電磁ロボ コン・バトラーV★

☆超電磁ロボ コン・バトラーV★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月1日 23:31更新

コミュ一覧に飾ってください。



『超電磁ロボ コン・バトラーV』(ちょうでんじロボ コン・バトラーブイ)とは、NETの土曜日18:00-18:30枠において、1976年(昭和51年)4月17日から1977年(昭和52年)5月28日にかけて全54話が放送されたテレビシリーズの題名。なお、1977年4月2日放送分からのキー局名は、テレビ朝日に変更されている。

本作は東映テレビ事業部が企画することで、制作を創映社に委託していた、アニメ番組である。ちなみに、本作の広告代理店は東映エージエンシーが担当しており、提供スポンサーはポピーが主力を務めていた。

1976年3月26日まで放送されていた『勇者ライディーン』のメインスタッフを招集することで、後に「長浜ロマンロボット3部作」と呼ばれる作品群の第1作目に数えられている。通称はコンV。

本作によって開始された東映テレビ事業部企画・八手三郎ロボットアニメシリーズは、その後もキー局・制作会社・代理店などを替えながら、1984-85年放送の『ビデオ戦士レザリオン』まで続くことになる。


キャンベル星人の地球侵略とその尖兵である巨大戦闘メカ・どれい獣に対抗するため、南原博士が開発したスーパーロボット。バトルジェット、バトルクラッシャー、バトルタンク、バトルマリン、バトルクラフトの5機のバトルマシンが合体して、全長57.0メートル、重量550.0トンの巨大ロボットとなる。動力源は原子力エンジンから発生する超電磁エネルギー。装甲材質はサーメットである。

基地である南原コネクションにいるロボット・ロペットが彼らの脳波の同調作業をつかさどる。5人全員の脳波が同調すると、『脳波ピッタリ!コンバインオッケー!コンバインオッケー!』というロペットの合図に続き、バトルチームの『レッツ!コンバイン!』の掛け声と共に合体が始まる。

搭乗者5人の脳波が完全に同調しないと合体ができない点が弱点として挙げられ、そこを敵に突かれることもしばしばあった(ちずるの偽者に紛れ込まれ合体を妨害される、ロペットが誘拐される等)。

合体ロボとしては『ゲッターロボ』(1974年)に3年に遅れるが、「鉄がむくむく動くウソ(当時の製作スタッフの発言)」のない、外見上(内部構造を勘案するとやはり無理はある)理に適った合体機構は「やっと許せるものが出てきた」と男性ファンから歓迎された。合体前のバトルマシン状態とあわせて40超の内蔵武装は、スーパーロボット史上最多(次点は、系譜的に前番組に当たる勇者ライディーン)。

エンディングテーマで毎週歌われていた「身長57メートル 体重550トン」のフレーズは特に有名であり、後の漫画・小説などで巨大ロボットの大きさ・重さの設定としてしばしば使用される。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 38人

もっと見る

開設日
2008年2月5日

3398日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!