mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 息子のまなざし

息子のまなざし

息子のまなざし

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『息子のまなざし』を傑作と呼ぶことは、この映画のつつしみ深さを侮辱することになるかもしれない。だが、いつまでも心に残る、つつましくも、まったく無駄のない奇跡的な作品であることは明らかだ。
――ニューヨーク・タイムズ(アメリカ)

ダルデンヌ兄弟のリアリズムはすべてを溶かし込む。どの要素も突出することはない。ひとつが誤ればすべてが崩れ去るほどの、見事な均衡だ。――カイエ・デュ・シネマ(フランス)

オリヴィエ・グルメの最上の演技だ。対するモルガン・マリンヌも、衝動と恐れを秘めた複雑な感情を持つ少年を印象的に演じている。ダルデンヌ兄弟は社会派というよりヒューマニストだ。倫理的な問題を理性の限界まで追究している。
――ル・モンド(フランス)

罪と罰、そして喪失。ドストエフスキー的なテーマだ。そして妥協のない、極端なまでに厳格なヴィジュアル・スタイル。ベルギーの兄弟監督は、感情を見世物にしない。ドラマは肉体やもの、日常のしぐさを通して描かれる。 ――レピュブリカ(イタリア)

ダルデンヌ兄弟は、物事の表面を丹念になぞりながら、深層に入り込む。日常のごく普通で何気ないしぐさを見つめながら、魂に触れる。そこにこの映画の不思議がある。 ――ル・フィガロ(フランス)

『息子のまなざし』を観ていると、息を呑む瞬間が幾度も訪れる。ドラマチックで、どう転ぶか分からない。感情に囚われ、苦悩する主人公の内面に私たちは投げ込まれる。
――ヴァンガルディア(スペイン)

持続し続ける密度、素晴らしいほどの厳格さ。無駄な場面はひとつもなく、余計な言葉もひとつとしてない。欠くことのできないものだけがある。
――テレラマ(フランス)

これほどまでに考え抜かれ、熟成されて作り上げられた『息子のまなざし』は、私たちの心を揺さぶり、かつてないカタルシスをもたらす。
――ユマニテ(フランス)
です。

最新情報

トピック

開設日
2005年09月07日
(運営期間4036日)
カテゴリ
映画
メンバー数
51人
関連ワード

おすすめワード