mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > サロン・ド・ビメール

サロン・ド・ビメール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月21日 19:38更新

新潟の古町一番町に、ビメールという小さなお店がある。
お店のオーナーは糖尿病30年という経歴を誇る?岡村さん。
このお店では、純度100%のコラーゲンを売っている。
岡村さんにコラーゲンについて語らせると
2日間ぶっ通しで、熱く語ることができる。
岡村さんがコラーゲンが好きで、コラーゲンを売る店として
昨年10月に古町にオープンした。

私は似顔絵師であり、専門学校の講師である。
授業がある日は、古町を歩く通行人の一人として学校に通っている。
かつての華やかで活気のある古町を知っているものとして
シャッターショップが増えている古町を歩いて通るのは寂しく感じていた。

この小さなお店ビメールはその古町にあって、
何を売っているいるお店なのか外観だけではわかりにくく、
ちょっと入りずらいお店だった。

このビメールにコラーゲンと共に、
ハーブティが展示・販売されるようになったのは
昨年の11月からである。
【ジェイソン・ウインターズティ】というのが正式な商品名である。
「三大陸ハーブティ」「奇跡のハーブティ」などとも言われている。
このハーブティを展示するようになってから、小さいお店ビメールの
雰囲気が明らかに変化してきた。

この小さなお店で「お茶会」がよく開かれるようになったこと。
さらには、ミクシイのハンドルネーム「姫ママ」が
このお店に入ってきたことが実に大きい。
お店のオーナーである岡村さんが認めるように
いろいろな人が、このお店に立ち寄っていくようになってきた。
お店の雰囲気も次第に花が咲いたように明るくなってきた。

お茶はコミュニケーションの潤滑油である。
お茶から話題がどんどん広がり、人と人とを結びつけ
夢が広がっていく。
その余波を受けて、古町もかつての活気を取り戻してほしい。

ミクシイを通して、人と人の輪をもっと有機的に広げ、深めていきたい
そんな思いで当コミュニティ「サロン・ド・ビメール」を立ち上げました。

立ち上げたのは誰かですって・・・・?
古町の一通行人、
このお店ビメールにたびたび出入りするようになった
MOONと申します。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2008年1月29日

3346日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!