mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ファントム・ピークス映画化運動

ファントム・ピークス映画化運動

ファントム・ピークス映画化運動

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2009年4月11日 09:31更新

当コミュニティは、北林一光著『ファントム・ピークス』の黒沢清監督・高橋洋脚本による映画化の実現を目指すものです。

あくまでも「監督:黒沢清、脚本:高橋洋」というのが前提です。

アイディアや情報をお持ちの方、ぜひともご協力ください。

【『ファントム・ピークス』について】
先が読めないから、最終ページまでぐいぐい引っ張られる。
私は、こういう小説が大好きです!―宮部みゆき

日常生活をエンタテイメント性を高め、映像化を可能にした著者の視点が素晴らしい。
作品も情感、情景、知性があふれた引き込まれるストーリー性。―松林知史

不必要なドラマ部分とか、本来劇的に見せなくちゃいけないようなところをおさえにおさえ、起こりそうな出来事を畳みかけるように、かつ的確に書いた、まるで質のいいハリウッド映画を想起させてくれます。―黒沢清

【北林一光氏について】
長野県生まれ。
昭和62年(1987年)より映画宣伝会社のプロデューサーとなり、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」立ち上げ等に参加。
平成10年(1998年)退社後、長野県にて執筆活動を続ける。
平成12年(2000年)に『瞑れる山』で第7回日本ホラー小説大賞最終候補、平成17年(2005年)に『幻の山』(のち『ファントム・ピークス』と改題)で第12回松本清張賞最終候補となる。
平成18年(2006年)逝去。
享年45。

【黒沢清氏について】
1992年、オリジナル脚本『カリスマ』がサンダンス・インスティチュートのスカラシップを獲得し渡米。
帰国後、<職人的な仕事に徹した>低予算、早撮りの環境下で真価を発揮し、『復讐』、『勝手にしやがれ』シリーズ、『蛇の道』、『蜘蛛の瞳』など哀川翔主演の連作を手がけたことで、彼のイメージに新たな一面を付け加え、また自身の特異な作風の基盤を築いた。
1997年役所広司主演の『CURE』で世界的な名声を獲得し、各国で特集が組まれ、映画祭にも招待された。
またフランス・英国では、アキラではない、もう一人のクロサワとして重要な作家として認められている。
他、監督作に『ニンゲン合格』、『回路』、『降霊』、『アカルイミライ』、『ドッペルゲンガー』、『叫』など。

【高橋洋氏について】
1995年、中田秀夫監督の『女優霊』の脚本を執筆。
続いて『リング』『リング2』『リング0〜バースデイ』の脚本を手懸け、名声を高める。
他、脚本作に黒沢清監督『復讐 運命の訪問者』『蛇の道』、佐々木浩久監督『発狂する唇』『血を吸う宇宙』など。
2004年、『ソドムの市』で長編監督デビューし、2008年にも監督兼脚本作『狂気の海』の公開が控えている。


AMAZON『ファントム・ピークス』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%8C%97%E6%9E%97-%E4%B8%80%E5%85%89/dp/4048738194

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2008年1月28日

3234日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!