mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > ほっとけない vs ほっとく

ほっとけない vs ほっとく

ほっとけない vs ほっとく

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*************************
2008年6月5日追記

今、環境問題、飢餓問題について、WB全盛の当時とまた違った問題が出てきています(バイオ燃料の事など)。
WBの熱狂が醒めた今、またアフリカ、そして全世界に波及するかも知れないいろいろな問題について語りませんか?
WBについてだけでなく、もっと広い議論が出来ればと思っています。
↓にもあるようにこのコミュのルールは唯ひとつ。自分の発言を削除しない事、です。発言に責任を持って議論が出来ればと思います。

***************************


!!ほっとけないキャンペーン賛同派の方、基本的には賛同だけど疑問がある、アンチの意見はおかしい・・という方の参加もお待ちしています。
いろんな立場からの意見交換を目的としたコミュです。

*参加者の皆さんのおかげで、多くの資料や情報が集まっています。ほっとけないキャンペーン、ホワイトバンドについて考えるときのご参考に、ぜひご一読を。

----------------------------------------------
*NEWS*
⇒9/14イギリス版クリッキングフィルムが現地TVラジオで放送禁止に
http://www.nme.com/news/kanye-west/20977(英文)
http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20050914
>メディア監視機関「Ofcom」により政治的なメッセージを与えると判断され、英国通信法に基づき禁止されたという。

⇒9/15フジTV系ニュース番組「FNNスピーク」で取り上げられる
特集枠で好意的な紹介。
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00077206.html
(動画あり。要リアルプレイヤー(ramファイル))

⇒9/15NTV「ザ・ワイド」で紹介。

⇒9/16週刊現代10月1日号
『えっ!?貧困国に寄付金は届かない「ホワイトバンド」のおカネの行方』

⇒9/21『サイゾー』
http://www.ultracyzo.com/cyzo/contents/0510/index.html
今月のニュース
・ これは慈善事業!?『ホワイトバンド』の裏金銭事情

⇒10/6 週刊文春10月13日号
『激論 ホワイトバンドは正義か偽善か』
SSU次原社長と紀藤弁護士の対談(紀藤氏の疑問に次原氏が答える形)

----------------------------------------------

あちこちで議論がとんでもないことになってるホワイトバンド。
ミクシ内でも、賛同派に乗り込んでいった反対派がコミュ退会処分になったりしているようです。
でもそれじゃ、賛同、反対、賛成だけど疑問がある等・・お互いの意見交換ができないじゃん?

賛同派もアンチも、ひとつの場で語りませんか?
そのやり取りのなかでこそ、本当のことが見えてくる気がする。

議論=違う意見のぶつかり合い=嵐とみなされるのはイヤ。思考停止も止めましょう。
きちんと話し合えば何かが見えてくるかも。

お互いに言い合って罵り合ってもいいから、本当の支援とは何かを語り合いましょう。

*管理人は発言はするかもしれないけど、基本的には何もしません。大人同士の議論をしてください。
賛同派も反対派も、きちんと日本語を使って、きちんと議論しましょう。

*疑問に思うこと、主張したいことはどんどんトピを立ててください。冷静に意見交換しましょう。

---------------
*唯一のルール:言いくるめられても、自分の発言は削除しないこと(後から読んで流れが読めないから)
---------------

*参考リンク
「ほっとけない」公式ページ
http://www.hottokenai.jp/index.html

ほっとけないキャンペーンまとめページ(有志によるWiki)
http://whiteband.sakura.ne.jp/

mixi内ホワイトバンド関連一覧
http://mixi.jp/view_community.pl?id=300940


*検索ワード
ほっとけない ホワイトバンド whiteband ほっとく イカリング

開設日
2005年09月05日
(運営期間4040日)
カテゴリ
会社、団体
メンバー数
132人
関連ワード