mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 向山光昭

向山光昭

向山光昭

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年9月23日 23:03更新

有機化学界の重鎮、向山光昭先生に関する話題のコミュニティです。向山研の卒業生、ゆかりのある方、また先生ファンの方の参加大歓迎です。また有機合成化学に関しても
していきたいと思います。

先生に関する話題や有機合成化学に関する話題を中心とするコミュニティ。

向山 光昭(むかいやま てるあき、昭和2年(1927年)1月5日生まれ)は有機化学|有機化学者。長野県出身。東京大学名誉教授。東京工業大学名誉教授。前東京理科大学教授。社団法人北里研究所基礎研究所有機合成化学研究室 名誉所員兼室長。文化勲章・文化功労者・日本学士院会員・藤原賞・米国国立科学アカデミー会員など。エノールシリルエーテルとカルボニル化合物をルイス酸触媒(四塩化チタンなど)を作用させるとアルドール反応が進行することを発見。この反応は世界的に向山アルドール反応と呼ばれるほど有名なものである。その他にも糖類の立体選択的アノマー構築など数多くの素反応開発を手がける。東京理科大学時代、これまで有機素反応開発で名をはせた氏がタキソールの全合成に取り組み、わずか5年で達成する。その合成ルートはアルドール反応をうまく組み合わせ各置換基の立体が制御された非環形化合物をヨウ化サマリウムを用いた環化反応により八員環(B環)を始めに構築するという非常に特徴的なものであった。これはタキソール全合成5例目に当たる。東京理科大学退官後、北里研究所に異動し、その後も塩化スルフィンイミドイルを用いるアルコールの酸化反応や、最近ではキノン−ホスフィンの酸化−還元系を用いる酸化還元縮合反応なども手がけ、今もなお精力的に研究を続ける。門下には中村栄一(なかむらえいいち、東大・理)、小林修(こばやし しゅう、東大・薬)など世界的に著名な有機化学者が数多く存在する。

〜論文等〜
●Chemistry Letters
http://www.csj.jp/journals/chem-lett/index.html

●Bulletin of the Chemical Society of Japan
http://www.chemistry.or.jp/journals/bcsj/index.html

〜研究成果〜

●向山ラクトン化法
http://www.chem-station.com/odoos/data/acid-acid-4.htm

●向山アルドール反応
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8F%8D%E5%BF%9C

●抗癌剤タキソールの不斉全合成
http://www.tokyokasei.co.jp/kikou/bun/kikou100_1.html

●向山酸化(PDF)
http://www.tokyokasei.co.jp/class/S08.pdf

●酸化還元縮合反応
http://www.chem-station.com/odoos/data/mukaiyama_redox_condensation.htm

以下検索キーワード------------------------------
有機、Organic Chemistry、Organic Synthetic Chemistry、有機合成、有機合成化学、反応開発、アルドール反応、縮合、酸化、還元、脱水、アルキル化、カチオン、アニオン、ラジカル、糖、グリコシル化反応、フッ化糖、サマリウム、タキソール、全合成、東京大学、東大、東京工業大学、東工大、学習院大学、東京理科大学、東京理科大学、日本化学会、有機合成化学協会、Chem. Lett、Bull. Chem. Soc. Jpn、無尽蔵、学士院、王子、東京化成、豊島、NMR、リン、三級、反転、保持、光学活性化合物、浮き草、年輪、論文

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 44人

もっと見る

開設日
2005年9月5日

4115日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!