mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Clancy Brothers & Tommy Makem

Clancy Brothers & Tommy Makem

Clancy Brothers & Tommy Makem

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クランシーブラザーズとトミーメイケム

Tom Clancy
Liam Clancy
Patrick Clancy
Tommy Makem

彼らの歴史は、1950年代にまで遡る。50年代、パディー&トムのクランシー兄弟2人はアメリカに渡り、仕事を求めてアメリカ北西部を転々としたが、最終的にニューヨークで俳優の仕事についた。しばらくして、リアムとその友人トミー・メイケムも渡米して4人は合流。

当時、ニューヨークのグリニッチヴィレッジでは、"Beat Poet" というのが流行していたが、この人気の底流にはフォークソングへの関心の高まりがあった。パットとトムは副収入を得るために、しばしばフォーク・コンサートを開き、自分達の歌を披露していたが、リアムとトミーが渡米してきたのを機会に、シンガーとして音楽活動をしていく決心をし、早速自分達のレーベルでレコードを製作した。60年代初期にはフォーク・ミュージック・ムーヴメントは、時代のメインストリームとなっており、映画やテレビ番組(例えば、"Hootenany" のような)にまで取り上げられるほどだった。クランシーブラザーズとトミー・メイケムはこの流れに乗った。61年の「エド・サリバン・ショー」への出演は決定的だった。前代未聞の16分枠での出演ということで、これを機に一躍人気は登り詰めた。

彼らは、生まれ育ったアイルランドの音楽的素養を最大限に引き出し、これにアメリカのポップ・ミュージックの明るさ、元気さを加え独自の世界を作り上げた。

アイリッシュ・ミュージック・シーンにおける彼らの影響は大きい。クリスティー・ムーア、U2のボーノ、そしてアメリカのフォークの神様、ボブ・ディラン等、多くのミュージシャンが彼らに直接影響を受けている。

そして、もちろんポピューラー・ミュージック史上、アイルランドの存在を世界の人に知らしめた意義は大きい。(これに匹敵するバンドはおそらくU2くらいだろう)現在のケルティック・ミュージックの隆盛に至るまでには、まだ多くのミュージシャン、バンドの貢献を待たねばならないが、40年前のクランシーの活躍はその第一歩であった。

http://www.asahi-net.or.jp/~pt9t-fjt/celt_cd5.html
さんより引用

最近のPoguesとかFlogging Mollyみたいな音楽が好きな人にも是非聞いて欲しいです。本当にcool

Celtic,Country,International,Irish Pub Songs,Folk

最新情報

トピック

開設日
2005年09月04日
(運営期間4039日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
10人
関連ワード

おすすめワード