mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > 新党 ハイドロプレーニング現象

新党 ハイドロプレーニング現象

新党 ハイドロプレーニング現象

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までに「ハイドロプレーニング現象」になった方、
「ハイドロプレーニング現象」って何?という方
どうしても「ハイドロプレーニング現象」とこれから
共にしなければいけない事情の方など
良かったら参加よろしくですぅ。



「ハイドロプレーニング現象」 → タイヤと道路の間に水の膜ができて、コントロールが効かなくなる現象のことです。これは、車が水に浮いたような状態になるため、ブレーキもハンドルも効かなくなる、大変危険な状態です。




わたしの車は時速60キロぐらいでハイドロ現象になりますぅ。(タイヤの溝gないため)
なるべく早くにタイヤ購入しますぅ。



原因
ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生する。具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。


1.タイヤの溝の磨耗

タイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。

2.水量の増加

路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。

3.タイヤの空気圧不足

タイヤの空気圧不足から、タイヤを路面に押し付ける力が弱まり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。

4.スピードの出しすぎ

高速走行中に水溜りに突っ込むと、水の粘度の為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。

ハイドロプレーニング現象が起きたらどうすればいい?
走行中にハイドロプレーニング現象が起こってしまった時は、決して慌てて急ブレーキを踏んだり、急ハンドルをきったりしないようにしましょう。ハンドルをしっかりと握り、アクセルを足から離し、エンジンブレーキで速度を落としましょう。


普段から気をつけるポイントは?
雨の日は普段より速度を落として運転することが大切です。また、こういった現象を未然に防ぐためには、日頃からタイヤのチェックをきちんとしておくことが大切です。

最新情報

開設日
2005年09月04日
(運営期間4041日)
カテゴリ
車、バイク
メンバー数
16人
関連ワード

おすすめワード