mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > 低価格ノートパソコン『EeePC』

低価格ノートパソコン『EeePC』

低価格ノートパソコン『EeePC』

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月18日 08:11更新

1月25日から国内で販売が始まる低価格ノートPC『Eee PC』について情報交換するコミュニティです。

EeePCとは、国内では5万円前後、海外ではさらに安価で販売される低価格かつ高スペックノートパソコンです。
管理人も今度EeePCを購入するので、こちらのコミュに色々解説を書いていこうと思います。

※コミュには特にルール等ありません。トピ立ても自由です。

雑談トピックはこちら
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27067745&comm_id=2977453



メーカー公式HP
http://eeepc.asus.com/jp/index.htm

国内向け製品仕様
メーカー ASUSTeK Computer Inc.
製品名 Eee PC 4G-X
ボディカラー パールホワイト / ギャラクシーブラック

OS Microsoft® Windows® XP Home Edition 正規版
Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載
(プレインストールされているOSのみサポートいたします)
CPU CPU名 インテル® モバイル
表示機能 液晶ディスプレイ 7型TFTカラー液晶
解像度 800×480ドット(WVGA)
グラフィックス機能 インテルUMA
外部ディスプレイ出力 最大1,280×1,024ドット
メモリドライブ 4G フラッシュメモリドライブ
サウンド機能 サウンドチップ インテル® ハイデフィニション・オーディオ準拠
内蔵スピーカー ステレオスピーカー
通信機能 LAN機能 100BASE-TX/10BASE-T(RJ45)
無線LAN機能 IEEE802.11b/g(Wi-Fi適合)
入力機能 キーボード 84キー日本語キーボード
マウス USBマウス
ポインティングデバイス タッチパッド(4方向スクロール機能付き)
インターフェース 外部ディスプレイ出力 D-sub 15ピン×1
USBポート USB 2.0×3
カードリーダー SDメモリーカード、miniSDカード(要アダプター)、MMC
オーディオ ヘッドホン×1、マイク×1
特別仕様 Webカメラ 30万画素Webカメラ
電源 ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー
消費電力 最大約15.22W
エネルギー消費効率(2007年度基準) 1区分0.00212(A)
標準バッテリー駆動時間 約3.20時間
標準バッテリー充電時間 約4.05時間
サイズ(突起部除く/標準バッテリー装着時) 幅225mm×奥行き164mm×高さ22mm(最厚部37mm)


以下ウィキペディアより転載

Eee PC(イーピーシー)とは、台湾のASUSTeK Computer (ASUS) が製造し、2007年10月から台湾、11月からは米国で販売が開始されたノートパソコンの製品名、およびブランドである。日本でも2008年2月に販売が予定されている。名前のEeeは3つの「E」、「Easy to learn, Easy to work, Easy to play.」を表わしているとされ、さらにASUSのWebサイトでは「Excellent」の含意もあると説明されている。

特徴

ASUSによって設計・製造されたA5サイズの低価格サブノートパソコンであり、コストを抑えるためにCPU等はUMPC用のプラットフォームを流用し、さらにストレージもHDD等のスピンドル媒体やSSDモジュール等は採用せず、メイン基盤上にフラッシュメモリ素子を直接搭載する等、思い切った構成を採用していることが特徴である。

コストを抑える一方で、そのハードウェア構成は通常の(広義の)PC/AT互換アーキテクチャを採用したノートパソコンそのものであり、同カテゴリーの製品では互換メーカー製の低クロック・低消費電力プロセッサやプラットフォームの採用が主流となる中でCPU・チップセットともIntelの製品を採用した堅実な構成で固める等、新たな市場の掘り起こしも念頭に設計された新商品でありながら、ノートPCとしては手堅い構成である点も特徴の一つと言える。

EeePCは、近年その市場に注目が集まり製品化や市場開拓の模索が続く発展途上国(や中進国・先進国の低所得層)向けにデジタルデバイドの解消等を目的とした低価格なPCやネットワークアプライアンス等の一環として位置づけることも可能な製品とされており、これらの製品が登場した背景には100USドル台で販売可能なPCの設計・製造を計画し、$199以下での供給を実現したOLPCの影響を抜きに語ることはできない。 しかし、EeePCはこれらの製品と比較すると最廉価モデルでも$299からと単純に言って高価であり、また現時点で製品や販売形態が指向するものも発展途上国(や中・先進国の低所得層)ではなく、既にPCを所有しブロードバンド環境の恩恵に浴している先進国や新興工業国において、もっぱら「二台目(以降)のPC」や「安価なサブノート」等としてもてはやされているのが実情である。

製品ラインナップ

Eee PC 700 Surf
SDD 2GB/カメラ無し
Eee PC 701
SDD 4GB
SDD 8GB

改造

数種類の安価で実用的な改造方法が公開されており、自己責任のもとで有用な結果を得ることが出来る。

Bluetooth内蔵及び16GBSSDを内部へ追加
タッチスクリーンの追加
HSDPA通信カードを内蔵

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 399人

もっと見る

開設日
2008年1月16日

3244日間運営

カテゴリ
PC、インターネット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!