mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Goa Trance

Goa Trance

Goa Trance

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月30日 02:20更新

Goa TranceのParty InfoやGoa Tranceが好きなら参加してね!

イベント紹介等の書き込みは「イベント書き込み」へお願いします。

GOA Trance.de
http://www.goa-trance.de/

ゴアトランス(英語 Goa Trance)は電子音楽の1種のトランスの1ジャンルである。そのまま、ゴアと呼ばれたり、604などと呼ばれたりもする。

1990年代始めにインドのゴアで生まれた。 1980年代後半にドイツで誕生したトランスが、ヒッピーの聖地、インドのゴア海岸で発展したトランス。 ゴアそのもにはそれ以前はトランスと呼ばれる音楽はなく、RockやAcid HouseがPartyで流れていた。 有名なDJのRaja RamやGoa Gillはこの頃から活躍していた。

イスラム音階などの民族音階を用いたメロディや、宗教を思わせる民族的なパーカッションや音声をサンプリングし、有機的で民族的な楽曲が多いのが大きな特徴である。 1990年代前半から後半にかけて大きく流行したが、現在ではゴアトランスから発展したサイケデリックトランスに取って代わられた感がある。 なお、当時シーンを牽引したアーティストはイスラエル出身が多かったためイスラエルトランスとも呼ばれる。 代表的なアーティスト:Man With No Name、Raja Ram率いるT.I.P(The Infinity project)、Kox Box、Hallucinogen、Astral Projection、Juno Reactor、Total Eclipse、トラヴェラーズ系バンドのOZRIC TENTACLESから派生したEAT STATICなど。 ジャケットデザインもヒンドゥー教の神々をあしらったものや、LSDなどのトリップ感をイメージしたものが多かった。

ゴアトランスは、1994年〜1998年ごろに最盛期を迎え、その後、製作・人気の両方の面で急激な衰退を迎えた。それに代わるように、サイケデリックトランス、またはサイトランスと呼ばれるジャンルの隆盛が始まった。 ゴアトランスは、1990年代後半から2000年初頭にかけてのサイケデリックトランスの出現に大きな影響を及ぼしている。 この時期は、この2つのジャンルが融合を果たした時期といえる。専門的な定義を除けば、ゴアトランスとサイケデリックトランスの区別は、個人の好みの問題となっている。 よって、その2つを同義語として使う者もいれば、それを聞き分ける者もいる。 例えば、「無機質なサイケデリックトランス」と「有機的なゴアトランス」のように区別する者がいる。 但し、この2つのジャンルは、調性の質、構造、感覚において、音波的な区別ができることも事実である。

多くの国において、ゴアトランスは、他のジャンルのトランス音楽と比較すると、アンダーグランドな存在であり、あまり商業的な音楽であるとは言えない。ゴアトランスは、クラブでかけられるというよりは、野外パーティー(レイヴと呼ばれることが多い)や野外フェスタで耳にすることが多い。一般的なトランス音楽と異なるものとして、ゴアトランスを聞くことのできる重要なコンピレーションやアルバムとしては、「Project II Trance」やdragonfly recordsの「Order Odonata」を挙げることができる.

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 860人

もっと見る

開設日
2005年9月3日

4113日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!