mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 生まれつき蒙古斑ない人集まれ

生まれつき蒙古斑ない人集まれ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月24日 12:51更新

生まれつきケツが青くないぜぇ〜exclamation ×2

何で青く無いんだろうと思ったことのある人exclamation & question

あれは、悪い事して親に叩かれた跡だと思ってた人exclamation ×2

そんな方は、是非参加をしみてくださいわーい(嬉しい顔)


蒙古斑とはウィキペディアによるとexclamation ×2

蒙古斑(もうこはん、英:Mongolian Spot、Mongolian Blue Spot)とは、先天的に発生する幼児の、主に仙椎の部分の皮膚にでる薄青い灰色の母斑のこと。発疹の様に見える。通常3〜5歳で消失する。通常、所々に現れるか、一つの大きなものが、腰椎、仙椎、臀部、脇腹、肩に現れる。

胚の発育の段階で、真皮内のメラノサイトが神経堤から表皮までの移動する間に受ける刺激によって発生する。性差は認められず、男女とも同じ割合で発生する。口唇裂や脊髄の髄膜腫瘍、黒色腫、色素血管母斑症と関係する。

江戸時代、日本人は妊娠中の性交で、出血した跡と考えた。ドイツから内科学教授として東京大学に招かれたエルヴィン・フォン・ベルツ(Erwin Baelz)はこれを、蒙古民族の特徴ととらえ、1885年にMongolian Spotを提唱した。1930年、師岡浩三は本邦人の蒙古斑について、という120ページに亙る学位論文を発表、顕微鏡的には胎児3ヶ月、肉眼的には7ヶ月で蒙古斑細胞が出現する;またその細胞は、2歳まで増加し、顕微鏡的には一生つづくと発表した。臀部以外の蒙古斑を仙骨部外蒙古斑といい、消えにくい。

人種的分布
蒙古斑はモンゴル人や他のアジアの民族(日本人、韓国人、インドネシア人等)やアメリカ州の先住民族で一般的である。発生率はモンゴル人の幼児で95%、東アジアの人種の幼児で80%、ヒスパニック系の幼児で40〜50%、インド・ヨーロッパ語族の幼児で1〜10%と言われている[要出典]。蒙古斑の知識がないソーシャルワーカーや医療スタッフが、児童虐待による傷であると誤解することもある。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2008年1月12日

3361日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!