mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > Child Suicide Bomber

Child Suicide Bomber

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月23日 04:29更新

In the Israeli-Palestinian conflict, and especially during the al-Aqsa Intifada, controversy has arisen over the participation of children in Palestinian militant and terrorist actions. Palestinian militant groups actively recruit children to attack Israeli civilians and soldiers; in some instances these groups have also recruited children as suicide bombers to attack Israeli targets, both military and civilian. The youngest Palestinian suicide bomber who blew himself up was Issa Bdeir, a 16-year-old high school student from the village of Al Doha. He blew himself up in a park in Rishon LeZion, killing a teenage boy and an elderly man.

According to the Coalition to Stop the Use of Child Soldiers "2004 Global Report on the Use of Child Soldiers", there were at least nine documented suicide attacks involving Palestinian minors between October 2000 and March 2004 An Israeli military report details 229 cases of children involved in militant activity.[citation needed] In 2004, the Coalition to Stop the Use of Child Soldiers reported that "there was no evidence of systematic recruitment of children by Palestinian armed groups," also noting that this remains a small fraction of the problem in other conflict zones such as Africa, where there are an estimated 20,000 children involved in active combat roles in the Sudan alone. Human Rights Watch also reported that "there was no evidence that the Palestinian Authority (PA) recruited or used child soldiers."

According to the Palestinian Human Rights Monitoring Group, in the al-Aqsa Intifada, Palestinian militant groups have used children as "messengers and couriers, and in some cases as fighters and suicide bombers in attacks on Israeli soldiers and civilians." Fatah, Hamas, Islamic Jihad and the Popular Front for the Liberation of Palestine (PFLP) have all been implicated in involving children in this way. The issue was first brought to world attention after a widely televised incident in which a mentally handicapped Palestinian teenager, Hussam Abdo, was disarmed at an Israeli checkpoint.

Mia Bloom writes in her 2005 book Dying to Kill: The Allure of Suicide Terror: "Since November 2000, Palestinian public opinion has increasingly supported suicide bombing, even though support for such operations fluctuated in the past, it has alarmingly shifted towards radical Islamic organizations."

According to emeritus professor of psychiatry at the University of Virginia School of Medicine Vamik Volkan, "Most suicide bombers in the Middle East are chosen as teenagers, 'educated,' and then sent off to perform their duty when they are in their late teens or early to mid-twenties." Volkan finds "little difficulty in finding young men interested in becoming suicide bombers in Gaza and the West Bank. Repeated actual and expected events humiliate youngsters and interfere with their adaptive identifications with their parents because their parents are humiliated as well." Volkan gives the examples of beatings, torture, or the loss of a parent as typical humiliating events which might make a young person more susceptible to recruitment for suicide terrorism.

Once recruited, children and teenagers are encouraged to cut off contact with "real world" affairs and subjected to an intense program of memorization and repetition of the Qur'an. According to Volkan, "their readings are carefully selected. The 'teachers' also supply sacred sounding, but meaningless, phrases to be repeated over and over in chant ... These kinds of mystical sayings combined with selected verses from the Quran help to create a 'different internal world' for the 'students.'"

The typical technique of creating Middle Eastern Muslim suicide bombers includes two basic steps: first, the “teachers” find young people whose personal identity is already disturbed and who are seeking an outer “element” to internalize so they can stabilize their internal world. Second, they develop a “teaching method” that “forces” the large-group identity, ethnic and/or religious, into the “cracks” of the person’s damaged or subjugated individual identity. Once people become candidates to be suicide bombers, the routine rules and regulations, so to speak, or individual psychology does not fully apply to their patterns of thought and action."

Volkan compares such identity "cracks" with "another historical period when intentional interference with the personal identities of children occurred—when the “cracks” of German children’s personal identities were filled with Nazi ideology."

Anne Speckhard, adjunct associate Professor of Psychiatry, Georgetown University Medical Center and Professor of Psychology, Vesalius College, Free University of Brussels, writes:

"In the Palestinian territories, there currently exists a “cult of martyrdom.” From a very young age children are socialized into a group consciousness that honors “martyrs”, including human bombers who have given their lives for the fight against what is perceived by Palestinians to be the unjust occupation of their lands. Young children are told stories of “martyrs.” Many young people wear necklaces venerating particular “martyrs”, posters decorate the walls of towns and rock and music videos extol the virtues of bombers. Each act of suicide terrorism is also marked by a last testament and video, which are prepared ahead of time by the “martyr” who can later reach great popularity when the video is played on television. Despite the very deep and real grief of the family and friends left behind, the funerals of “martyrs” are generally accompanied with much fanfare by community and sponsoring organization. Often, the effect of this is confusing to outsiders as it can disrupt, delay and even circumvent the family’s ability to focus on its grief over the loss of a family member and it may even support the family in claiming to outsiders joy over the loss of its loved one. This “cult of martyrdom”, which has a strong underpinning in longstanding cultural roots (the honoring of martyrs), appears to have developed principally over the last decade, as the first act of suicide terrorism occurred in Israel only twelve years ago."

Umm Nidal, who sent three of her sons, including one 17 year old, on suicide attacks, said "I love my children, but as Muslims we pressure ourselves and sacrifice our emotions for the interest of the homeland. The greater interest takes precedence to the personal interest." She was later elected to the Palestinian legislature on the Hamas ticket. According to Human Rights Watch,

"Major Palestinian armed groups, including Al-Aqsa Martyrs Brigade, the Popular Front for the Liberation of Palestine, Islamic Jihad, and Hamas, have publicly disavowed the use of children in military operations, but those stated policies have not always been implemented. Some leaders, including representatives of Islamic Jihad and Hamas, have said that they consider children of 16 to be adults. International law defines a child as any person under the age of eighteen ... Israeli government policy in the Occupied Territories defines Palestinians under the age of 16 as minors."

In April 2007 Hamas created a Mickey Mouse lookalike to propagate their brand of fundamentalist Islam to children. The character, named "Farfour" (butterfly) calls for Muslim world domination, encouraging children to say that they will "shoot", "annihilate the Jews", and "commit martyrdom."[dubious – discuss]. "Farfur and a female co-host instructed their young viewers on Hamas's militant brand of Muslim piety and urged children to support armed resistance against Israel".

Criticism came from many quarters. Mark Regev, Israeli Foreign Ministry spokesman was outraged that "children are taught that killing Jews is a good thing," while Basem Abu Sumaya, head of the Palestinian Broadcasting Corp., responded "I don't think it's professional or even humane to use children in such harsh political programs."

On May 9, 2007, at the request of the Palestinian Information Ministry, Hamas suspended the program. Information minister Mustafa Barghouti said it was wrong to direct political messages at children and that "any media outlet that breaks Palestinian broadcasting law will be penalized by the Information Ministry." But according to the British The Daily Telegraph, a spokesman for the station, which is owned and run by Hamas later announced the programme would continue and to remove it would be a political surrender to Israel

[For:wiki&Expectation]


パレスチナ紛争、および特にal-Aqsaインティファダの間、論争はパレスチナ人過激派とテロ行為への子供の参加の上に起こっています。 パレスチナ人過激派はイスラエルの民間人と軍人を攻撃するために活発に子供を募集します; また、ある場合にこれらのグループは、軍用のものと同様に民間であるイスラエルの目標を攻撃するために自爆テロ犯として子供を募集しました。 自爆した最も若いパレスチナ人自爆テロ犯はイッサBdeir(アルDohaの村からの16歳の高校生)でした。 彼はRishon LeZionの公園で自爆して、十代の少年と年配の男性を殺しました。

Child SoldiersのStop UseへのCoalition「2004年の少年兵の使用に関するグローバルなレポート」に従って、2000年10月、Anのイスラエルの軍が229のケースについて詳述すると報告する2004年3月の間でパレスチナ人未成年者にかかわる好戦的な活動にかかわる子供の少なくとも9つの記録された自爆テロがありました; 引用はIn2004(Child SoldiersのUseが報告したまた、これがアフリカなどの他の闘争ゾーンに問題のわずかな部分のままで残っているのに注意して、「パレスチナ人武装勢力による子供の系統的な新人募集に関する証拠が全くなかった」StopへのCoalition)を必要としました; およそ2万があるところでは、子供はスーダンで単独で役割に活発な戦闘にかかわりました; また、「パレスチナ当局(PA)が少年兵を募集したか、または使用したという証拠が全くありませんでした。」と、ヒューマン・ライツ・ウオッチは報告しました。

パレスチナ人人権Monitoring Groupによると、al-Aqsaインティファダに、パレスチナ人過激派は「メッセンジャー、急使、或るものが戦闘機と自爆テロ犯としてイスラエルの軍人に対する攻撃でケースに入れるコネ、および民間人」として子供を使用しました。 ファタハ、ハマス、イスラム聖戦機構、およびパレスチナ解放人民戦線(PFLP)は皆、このように子供にかかわる際に関係しました。 問題は精神的にハンディキャップがあるパレスチナ人ティーンエイジャー(Hussam Abdo)がイスラエルのチェックポイントで武装を解除した広くテレビで放送された事件の後に最初に、世界注意にもたらされました。

ミア・ブルームはKillへの彼女の2005本のDyingに書きます: 自殺のテロの魅力: 「パレスチナ人世論が2000年11月にますますそのような操作のサポートが過去に変動しましたが、爆撃される自殺を支持して以来、急進なイスラム教の組織に向かって驚くほど移行しています。」

Medicine Vamik Volkanのバージニア大学学校の精神医学の名誉教授によると、「彼らが彼らのハイ・ティーンにいるか、または20年代の半ばに早いときに、義務を果たすために中東のほとんどの自爆テロ犯をティーンエイジャーとして選んで、'教育し'て、次に、退場させます」。 Volkanは「ガザとヨルダン川西岸地区で自爆テロ犯になりたがっていた青年を見つけることにおける少ない苦労」を見つけます。 「繰り返された実際の、そして、予想された出来事は、子供を辱しめて、彼らの両親がまた、辱しめられるので、彼らの両親と共に彼らの適応型の識別を妨げます。」 Volkanはむち打ちに関する例、拷問、または典型的であるとしての親の損失に若い人を自爆テロには新人募集により影響されやすくするかもしれない屈辱的な出来事を開きます。

一度募集されています、子供とティーンエイジャーは、「本当の世界」事との接触を断ち切るのが奨励されて、記銘の激しいプログラムとコーランの複写にかけられます。 Volkanによると、「彼らの読書は慎重に選択されます」。 また、'教師'は聖歌で再三繰り返されるために神聖な鳴っていますが、無意味な句を提供します… 「コーランからの選択された詩に結合されたこれらの種類の神秘主義的なことわざは、'学生'のために'異なった内部の世界'を作成するのを助けます。」

中東のイスラム教徒の自爆テロ犯を作成する典型的なテクニックは基本的な2ステップを含んでいます: まず最初に、彼らが自分達の内部の世界を安定させることができるように、「教師」は個人的なアイデンティティが既に擾乱されて、内面化させる外側の「要素」を探している若年層を見つけます。 2番目に、彼らは人の「ひび」への民族の、そして/または、宗教のアイデンティティが破損した大きいグループを「強制する」か、または個々のアイデンティティを征服した「教授法」を開発します。 「一度、人々が言わば自爆テロ犯である候補、通常の規則、および規則になるか、または個人心理学は完全にそれらの考えと動作のパターンに適用されるというわけではありません。」

Volkanは「ドイツ人の子供の個人的なアイデンティティの「ひび」であることの子供起こるのと#8212の個人的なアイデンティティの故意の妨害がナチイデオロギーで満たされた別の歴史的な期間」とそのようなアイデンティティ「ひび」を比べます。

アンSpeckhard、PsychologyのPsychiatryの付属物仲間教授、ジョージタウン大学Medicalセンター、および教授(ベサリウス大学、Freeブリュッセル大学)は書きます:

「パレスチナ人領土では、「殉教のカルト」が現在、存在します」 非常に若い時代から、子供は「殉教者」を光栄に思う集団意識に社交的にされています、彼らの陸の不当な占領であるとパレスチナ人によって知覚されることに対する戦いのための彼らの人生を考えて、人間のそうした爆撃機を含んでいて。 「殉教者」の話が幼い子供に行われます。 多くの若年層が特定の「殉教者」を尊敬するネックレスを着けています、そして、ポスターは町の壁に飾り付けをします、そして、岩石とミュージックビデオは爆撃機の美徳を持てはやします。 また、自爆テロの各行為は遺書とビデオによってマークされます。(それは、早めに、ビデオが後でテレビで再生されるときすごい人気に達することができる「殉教者」によって準備されます)。 置き去りにされた家族と友人の非常に深くて本当の深い悲しみにもかかわらず、「殉教者」の葬儀は、一般に、盛大なファンファーレと共に共同体によって伴われて、組織を後援しています。 親族の損失の上で深い悲しみに焦点を合わせる家族の能力を混乱させて、遅らせて、回避することさえできるとき、しばしば、この効果は部外者に混乱させられています、そして、それは大好きなものの損失の上で部外者喜びへの要求で家族を養いさえするかもしれません。 「この「殉教のカルト」(幾久しい文化的なルーツ(殉教者の名誉)の中に強い基礎を持っている)は主に最後の10年間の間、展開しているように見えます、自爆テロの最初の行為がほんの12年前にイスラエルに起こったので。」

「私が子供を愛していますが、イスラム教徒として、私たちは、故国の関心のために自分達に圧力をかけて、感情を犠牲にします。」と、えー、Nidal(1つ17歳を含む彼女の3人の息子を自爆テロに送った)は言いました。 「より一層の関心は個人的な関心に優先します。」 彼女は後でハマスチケットの上のパレスチナ人立法府に選出されました。 人権に従って、見てください。

「アルアクサ殉教者旅団、パレスチナ解放人民戦線、イスラム聖戦機構、およびハマスを含む主要なパレスチナ人武装勢力が公的に軍事行動における子供の使用を否認しましたが、ものは、政策がいつも実施されていたというわけではないと述べました。」 イスラム聖戦機構とハマスの代表を含むリーダーの中には自分達が、16歳の子供が大人達であると考えると言った人もいました。 国際法は18歳の下で子供をどんな人とも定義します… 「Occupied Territoriesのイスラエル政府方針は16歳の下でパレスチナ人を未成年者と定義します。」

2007年4月に、ハマスは、それらの根本主義者のイスラム教のブランドを子供に伝播するためにミッキーマウスそっくりなものを作成しました。 キャラクタ、命名された"Farfour"(蝶)はイスラム教の世界征服を求めます、子供が、自分達が、「ユダヤ人を全滅させてください、そして、殉教を遂行してください」と「撃つ」と言うのを奨励して疑わしい、そして、#8211;、議論 「女性が共同開催するFarfurとaは、ハマスのイスラム教の敬虔の武闘派で彼らの若いビューアーを命令して、イスラエルに対して武力抵抗を支持するように子供に促しました。」

批評は多くの方面から来ました。 マークRegev、イスラエルの外務省のスポークスマンは「子供はユダヤ人を殺すのが、良いものであることを教えられます」が侵害されました、BasemアブSumaya、パレスチナのBroadcasting社、反応している「私は、そのような厳しい政治計画で子供を使用するためにそれはプロである、または人間味がありさえすると思わない」ヘッドである間。

2007年5月9日に、パレスチナ人情報Ministryの依頼で、ハマスはプログラムを吊しました。 情報大臣ムスタファBarghoutiは、政治声明文を子供と「パレスチナ人放送法を破るどんな放送局も情報Ministryによって罰せられるのであること」にその向けるのが間違っていると言いました。 しかし、デーリー・テレグラフでありステーションのスポークスマンでありイギリス人に従って、ハマスが後でどれを所有されて、走らせるかがプログラムが続くと発表しました、そして、それを取り除くのは、イスラエルへの政治上の降伏でしょう。

[ex:EXT訳]






子供をつかった自爆テロ

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2008年1月4日

3458日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!