mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > アンドレイ・カンチェルスキス

アンドレイ・カンチェルスキス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年2月23日 15:13更新

フルネーム アンドレイ・アンタナソヴィシュ・カンチェルスキス
 国籍 ロシア
 生年月日 1969年1月23日
 出身地 キロボグラド(ウクライナ)
 ポジション FW・MF
 身長・体重 178cm・78kg
 個人タイトル なし
 ワールド杯 なし
所属クラブ
1988-90 ディナモ・キエフ(ウクライナ)
1990-91 シャクタル・ドネツク(ウクライナ)
1991-95 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
1995-97 エバートン(イングランド)
1997-98 フィオレンティーナ(イタリア)
1998-01 レンジャース(スコットランド)
2001-02 マンチェスター・シティ(イングランド)
2001-02 レンジャース(スコットランド)
2002-03 サウサンプトン(イングランド)
2003 アルヒラル(サウジアラビア)
2004 ディナモ・モスクワ
2004-05 サターン・ラメンスコーエ
2006 クリリア・ソヴェトフ

”ウクライナ超特急”の異名を取る快足右ウィンガー元ロシア代表。
疾風のごとく右サイドを駆け上がり正確無比なクロスによって多くのチャンスを創り出せば、自らも積極的にゴールを狙った。

ディナモ・キエフのユースで育ったカンチェルスキスは89/90シーズンにトップデビュー、このシーズンのリーグ優勝に貢献した事で注目を浴び1991年よりプレミアリーグ強豪マンチェスター・ユナイテッドへ。当時チームは長期に渡る低迷期にあったが、カンチェルスキスを始めカントナ、ヒューズ、ギグス等によって素晴らしい攻撃陣を形成すると92/93シーズンには2位に10勝点差をつけて26年振りのリーグ優勝に大きく貢献、更に翌シーズンにはリーグ、FAカップの2冠に貢献、世界屈指の右サイドウィンガーとして絶対的地位を築いた。その後チームの若返りのためマンチェスター・ユナイテッドを離れエバートンへ加入、(尚、彼の後を継いだのが後のスーパースター、ベッカムである。)ここでも素晴らしい活躍を見せてファンを魅了したがエバートンを離れてからはその性格から度重なる監督との衝突により数々のチームを渡り歩く。02/03シーズンよりサウサンプトンを経てサウジアラビアへ活躍の場を移した後、03/04シーズン途中より母国へ戻り2006年クリリア・ソヴェトフを最後に現役を引退した。

ソ連代表として1989年8月23日ポーランド戦にてデビューを飾り、ソ連連邦崩壊後もロシア代表として不動の右ウィングではあったが自身のピーク時の代表監督、パベル・サディリンとの対立から1994年ワールド杯をボイコット、更にその後を継いだロマンチェフ監督とも衝突しW杯とは無縁であったのは残念な所である。ソ連代表通算23試合3得点、ロシア代表36試合4得点。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2007年12月24日

3440日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!