mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > バッキー事件

バッキー事件

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月31日 21:50更新

[概要]

2004年6月下旬、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」は東京都豊島区の居酒屋で、AV女優に薬物(合法ドラッグ)を吸わせ、同区西池袋のマンションに連れ込み猥褻行為を撮影しながら肛門に浣腸器具を挿入、器具を破裂させ直腸穿孔、肛門裂傷により全治4ヶ月の重傷を負わせた。処置が遅ければ死亡していた可能性もある悪質な犯行であり、警察も動く事となった。12月16日には役員の男と監督やスタッフら男女計8人が逮捕されたと報じられたが、起訴には至らなかった。

この会社は以前から監禁輪姦、陰毛焼き、浣腸、水責め、強制飲酒を含む鬼畜レイプ・暴行系ビデオを大量に製作していた。さらに「監禁友の会」を発足させ、DVD購入者を対象として撮影参加エキストラ<汁男>を公募していた。いずれも撮影の詳しい内容について女優には事前に知らせておらず、それゆえにリアルなレイプ・暴行映像が映せたのである。しかし逮捕・報道をきっかけにインターネット上で告発が相次ぐ[1][2][3]。そのため、それまで泣き寝入りしていた被害者達がこの逮捕をきっかけに次々と被害届を提出し、2005年3月には関係者らが再び逮捕される。撮影スタッフに罪を擦り付けていた代表も、2006年2月に強姦致傷容疑で逮捕・起訴された。

主犯とされる代表・栗山龍と監督・濱田太平洋は一審裁判中であり、2007年10月5日には栗山被告の論告求刑公判が東京地裁で開かれた。論告では、軽いレイプものの撮影であると騙し一人の女性に対し2、30人で暴行を加えたり、手足を縛り顔を水中に沈めるなどの暴力の実態が明らかになった。反省の色も見られず到底酌量の余地はないとして、検察は懲役20年を求刑したが、その際も被告は薄ら笑いを浮かべていたという[4]。 また、有罪判決を受けたその他の関係者の中には、有罪判決を受け入れ服役した者も、控訴・上告して上級審で係争中の者もいる。

なお、バッキービジュアルプランニングは2005年3月に表向き解散したが、実態としては社名をコレクターに変更しただけで、有罪判決にかかわるビデオ作品の販売を継続している。

栗山龍被告に対し東京地裁は2007年12月19日、懲役18年の判決を言い渡した。求刑は懲役20年。 [5]。

〜wikiより

つい最近この事件について知った、
皆どんな考えなのか知りたいと思いこのコミュを立てた。
AV女優にも人権はある、それを冒涜した事件。
非常に考えさせられた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 73人

もっと見る

開設日
2007年12月19日

3388日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!