mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > アンチ・岩國哲人

アンチ・岩國哲人

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月28日 23:24更新

キースさんの情報提供で作らせて貰いました。

売国奴議員を追放しよう!!


☆神奈川県第8区(横浜市緑区、横浜市青葉区)

恒久平和議連所属 ←問題!?
リベラルの会所属 ←問題!?
外国人参政権賛成派 ←問題!?
北朝鮮経済制裁賛成派
歴史認識 隷属 ←問題!?

1998年参院選・東京選挙区で自身の所属政党である民主党公認の小川敏夫ではなく、公明代表浜四津敏子を支援した。
しかし、ペナルティーを受けるどころか鳩山邦夫離党後に民主党東京都連第2代会長に就任した。

1999/11/11 「金正日直属」の大物スパイ呉清達(オ・チョンダル)が副学長を務め、文部省からも客員の大幅超過など管理・運営に「問題あり」と指摘されている大阪経済法科大学で、客員教授として報酬を受けていた八人の国会議員の一人。(週間文春11月11日号)

1999年9月、中国(天津)南開大学客員教授。

02/11 『政治家・政策データベース』のアンケート「外国人の参政権と国籍」に回答。
「永住者(特別+一般)には与えてもよい」

05/06/02 衆議院予算委員会の集中審議で、
「小泉首相の靖国神社参拝には多くの方から心配の声が挙がっている。中国や韓国との関係を悪くしてまで、なぜ参拝しなければならないのか」
「そうした行動で中国や韓国との関係を悪くするのは総理として問題」と批判。(民主党)

05/07/06 外国人参政権に反対する会のアンケートに回答。
外国人参政権について「賛成。」

05/09 『政策CPプロジェクト - 衆議院選挙2005プログラム』のアンケートにて、「選択的夫婦別姓を認めるか。」との問いに『認める。』、「外国人の地方参政権を認めますか。」との問いに『定住外国人の選挙権のみ認める。』と回答。


※「リベラルの会」=左派集団。
この集団、防衛庁の省昇格に反対。
集団的自衛権の行使にも反対。
徹底的な左翼集団であります。


■関係団体等

静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている。

民主党娯楽産業健全育成研究会の会員、パチンコ・チェーンストア協会政治アドバイザーであり、パチンコ業界と強い繋がりを持つとされる。


■政策
http://www.1892.jp/html/policy/index.html#

日本の二十世紀は「戦争と平和の世紀」だったといえる。
前半は戦争、後半は平和。
そして戦後早くも五十五年。
無論、平和の長いことは大いに喜ぶべきことだが、それだけ戦争や戦前の記憶は風化している。
言いかえれば、戦争を予防し、平和を常に構築するための緊張した真摯な精神が薄らぎ、次の世代に平和な日本を引き継ぐための投資努力を怠りつつあるのが現状ではないか。

米国主導の傘に守られ、米国に基地を提供し続け、一国平和主義の幻想の中に眠り続けることが国際社会において名誉ある地位を確立することにもならなければ、国家と国民の生命、財産を守るに不十分であることは十年前の湾岸戦争でも痛感させられたことでもあり、世紀があらたまって二十一世紀、いみじくもその最初の年に起きた同時多発テロ事件でも再び認識させられたことである。

日本が国際社会における平和構築義務をどう果たすのか、その中で自衛隊の存在意義と活動範囲をどう明文化するのか、過去の議論や解釈にとらわれすぎることなく、私たちは今こそ、二十一世紀の国際環境の視野に立って結論を出さなければならない。
なしくずし的な日米安保の解釈や自衛隊の海外における活動が、不幸にして憲法の理念をゆがめたり、日本国民の願いから逸脱することは、最も危険なことであり、最も避けなければならないことだからである。

日本は早く普通の国になるべきだという主張も有力である。
しかし、国家に普通の国とか普通の国でないとかいう議論がそもそも国家論になじみにくい上に、百歩ゆずって世界の大多数の国の平均的国家像を「普通の国家」として受け容れたとしても、 日本がその国家像に入るべきだという結論にはなりえない。
日本は、二十世紀前半のアジアにおける第二次大戦を含む諸戦争の、加害者であり被害者でもあったこと、そして、原爆という人類史上の最も非人道的殺りく行為の唯一の対象国であったという事実は消すことのできない歴史だからである。

そのような歴史を持つ唯一の国としての日本が、その歴史にふさわしい理念を持ち、かつ、行動することは、世界の非常識でもなければ異常な国家でもなく、人類のこれからの歴史に対する当然の義務でさえある。

1947年5月3日に施行された日本国憲法は、国際機構に関する連合国会議の最終日の1945年6月26日にサンフランシスコにおいて調印され、1945年10月24日に発効した国際連合憲章の精神を前提にしてつくられており、第九条(戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認)の第一項(「 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」)および第二項(「 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」)で、専守防衛に徹していく考えを表明している。

日本が、武力による他国への攻撃を否定する理念に基づいた憲法を半世紀に亘って守ってきたのは、そのような人類愛を目指す日本国民の気持ちの表れであったということを、より明確に世界に向けてアピールすべき時が今である。
その為には、平和憲法を持つ日本に最もふさわしい世界の安全保障構想、即ち、常時国連の指揮下で行動する「国連平和予備軍」(国連軍)の創設を、日本が自信を持って提唱すべきである。
憲法九条の崇高な目標をより明確にするためにも、第一項、第二項に加えて、第三項に、「ただし、前二項の規定は、国連の指揮下で活動するための国際連合予備軍を国連加盟国の一員として保有すること、さらに国連の指揮下においてこの国際連合予備軍が活動することを妨げるものではない」という条文を追加することである。
この第三項を追加することによって、自衛隊の性格と役割がわが国の「専守防衛」のためのものであることがより明確にもなるし、世界平和創出のための義務遂行が憲法の裏付けを持つことになり、有事法制などの関連法規の整備に関する国会内の思想的混乱も整理されることになるだろう。
このような考えに基づくなら、日本の安全保障新構想は次のようなものになる。


(1)国際平和協力は国連軍を中心に行う
「恒久の平和を念願し」「国際社会において名誉ある地位を占めることを希求」する憲法前文を、第九条第三項において具体化する。
日本は世界の平和と安全を確保するために国連予備軍を自衛隊とは別組織に新たに創出し、国連の決議等によって要請された行動にその部隊を直ちに派遣し、国権の発動とならないよう、指揮権を国連に委ねる。

(2)国連改革に各国と積極的に協調する
安保理事会の構成を含め、国連を改革し、安全保障、核軍縮・軍備管理及び地球環境保全を図るために体制を強化する。
また、国際紛争の防止、治安維持・回復のための国連警察機構創設を目ざす。

(3)地域安全保障体制の確立
日本及びアジア太平洋地域の平和と安全のため、日米安全保障体制は引き続き堅持するが、国連軍の創設・拡充に並行して米軍のための基地は縮小し、解消する。
さらに、日本を巡る北東及び東南アジアの平和的国際環境を醸成し発展させるため、米国を含む当該地域諸国からなる協議・協調の機構を設立する。

(4)自衛隊は専守防衛に徹する
日本が武力による急迫不正の侵害を受けた場合及びそのまま放置すれば侵害を受ける蓋然性が極めて高い場合に限り、国民の生命及び財産を守るため、武力による阻止または反撃を行うものとし、それ以外の場合には、個別的であれ集団的であれ、自衛隊による威嚇または武力の行使は一切行わない。
このような構想が受け容れられるなら、日本ははじめて受動的な「専守防衛」国家の時代から、凛として未来へ、「平和創出」国家の時代に入り、国際紛争の防止、テロ対策、治安の維持・回復の為に、「普通以上の国家」として活動できることになる。


また、これまでPKOへの自衛隊の参加に対して懸念を表明していたアジア諸国からも、わが国に対して地域の平和と安定の為に適切な役割を果たしてほしいという声さえ聞かれるようになってきている。
この日本の安全保障新構想は、日本の自衛隊に対する無用な懸念を払拭し、平和国家を目ざす日本への正しい理解が近隣諸国からも必ず得られるものと確信している 。


だってさ。


●民主党議員の失態
http://bakasensei.seesaa.net/
●反日議員を落選させる会
http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/
●参院選勝利の夜、小沢・民主党代表が創価学会と接触?
http://jp.youtube.com/watch?v=fQ3fRuGgJRA
●小沢民主党の背後に自治労、日教組が暗躍  年金問題・社会保険庁解体・官僚天下り
http://jp.youtube.com/watch?v=OUr6wxKQiYU&mode=related&search=
●朝鮮総連本部 売却問題、小沢一郎が関与?
http://jp.youtube.com/watch?v=9q_zp4_zOoo&mode=related&search=
●菅「ハマコーは議員にカネ配ってた」 ハマコー「あれは小沢からのカネ」
http://jp.youtube.com/watch?v=2M5G9IOGuBE&mode=related&search=
●年金問題:諸悪の根元、小沢一郎
http://jp.youtube.com/watch?v=28EN9zVU5Yw&mode=related&search=
●「年金問題の隠された構図」
http://jp.youtube.com/watch?v=keKH1zrIDY8
●民主党の沖縄ビジョン(FLASH)
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/minshutou.html

●反日著名人
http://www.ii-park.net/~imzapanese/nihon/baikoku.htm
●売国奴列伝
http://www.tamanegiya.com/baikokudoretudenn.html
●売国議員リスト
http://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/11.html
●冷戦終了後のサヨク
http://www9.big.or.jp/~cumy/sayoku/ichi_3.shtml

●パチンコ業界の内実
http://www.geocities.jp/pachimaya/black.html

●外国人参政権付与の問題点−村田春樹氏に聞く 1of3
http://www.youtube.com/watch?v=nLN1MOYimWA&NR=1
●外国人参政権付与の問題点−村田春樹氏に聞く 2of3
http://www.youtube.com/watch?v=pILX1H6eRuU&feature=related
●外国人参政権付与の問題点−村田春樹氏に聞く 3of3
http://www.youtube.com/watch?v=hEjTKlgepso&feature=related

●サルでも分かる?人権擁護法案
http://blog.livedoor.jp/monster_00/
●人権擁護法案反対VIP総司令部
http://zinkenvip.fc2web.com/
●人権擁護法案ポータルwiki
http://wiki.livedoor.jp/pinhu365/d/FrontPage
●人権擁護保護法案反対!FLASH
http://shupla.w-jp.net/datas/flash/jinken.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2007年12月19日

3474日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!