mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 免疫細胞療法

免疫細胞療法

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月6日 18:58更新

免疫細胞療法は、がん治療における外科療法・化学療法・放射線療法に次ぐ、第四の選択肢として注目されている最先端の治療法です。


■はじめましての挨拶はコチラにどうぞ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=26222477&comm_id=2901031
■ニューストピック
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=26248396&comm_id=2901031


◎一般的な流れ
1)がん患者から免疫細胞を採取(又は採血)
2)培養施設で免疫細胞を人為的に増殖・活性化
3)免疫細胞を大量にがん患者の体内へ戻す
4)活性化された免疫細胞により、がん細胞の排除・抑制が期待できる

★メリット
・本質的な副作用があまりない
・手術後の補助療法として、再発予防効果が期待できる
・QOL(quality of life:生活の質)を維持する効果が期待できる
・適用可能ながん種が多い
・全身療法である
・細胞種によっては、他療法との相乗り効果が期待できる(※1)

★デメリット
・大きいがんに対してはあまり治療効果が期待できない
・細胞種によっては効かない場合がある(※2)
・治療費が高額である
・細胞の培養に日数がかかる
・エビデンスが乏しい
・細胞の品質に関する公的な基準がない(※3)

【※1】FcレセプターであるCD16を発現している免疫細胞(NK細胞など)を用いて治療を行う場合、抗体医薬品と併用するとADCC(抗体依存性細胞傷害)による相乗り効果が期待できます。

【※2】例えばCTLの場合、がん細胞のMHCクラスI分子上のがん抗原ペプチドを目印に攻撃します。 そのため、がん細胞表面にMHCクラスI分子の発現が無い場合は効かない可能性があります。

【※3】構造設備基準と品質管理基準が2007年10月に業界内で自主的に策定されましたが、適用されるのは一部の医療機関のみです。


■免疫細胞療法の種類
細胞種別に、管理人独断で種類分けをしてみました。
※他に良い分け方がありましたら教えてください。

★NK細胞
┣LAK療法(活性化NK細胞療法)
┗ANK療法

★T細胞
┣CTL療法
┃ ┣TCTL療法
┃ ┗PCTL療法
┣αβT細胞療法(CD3-LAK療法、T-LAK療法、CAT療法)
┣γδT細胞療法
┗TIL療法

★樹状細胞
┣樹状細胞療法(DC療法、DCワクチン療法)
┃ ┣TP-DC療法
┃ ┗PP-DC療法
┣DCI療法
┗NKT細胞療法

★他人のリンパ球
┗移入免疫療法(感作リンパ球療法)

※免疫細胞療法は、活性化自己リンパ球療法、養子免疫療法、細胞免疫療法と呼ばれることもあります。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 389人

もっと見る

開設日
2007年12月19日

3445日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!