mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > バシキール語

バシキール語

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月20日 17:14更新

ロシア連邦を構成するバシコルトスタン共和国を含めたロシア各地に居住するバシキール人の言語。


バシキール人はロシア連邦内で167万人余の人口を持つ。ただし、ロシア語を母語に持つ人々も含まれているため、話者人口はこれより少ないであろう。


言語的にはテュルク諸語に属し、その中でもタタール語、カラチャイ・バルカル語、ノガイ語、カザフ語、カラカルパク語、クルグズ語などを含むキプチャク・グループに属する。


バシキール人は、歴史的にはモスクワ国家やロシア帝国の支配に対する抵抗運動に加わるとともに、タタール人への同化の危機にさらされながら近代を迎えた。


1917年ロシア革命とともにいち早くソビエト政府と協定を締結し、1919年にはバシキール自治ソヴィエト社会主義共和国を樹立させたバシキール人であったが、バシキール革命委員会は、タタール人のムスリム統合志向(つまりバシキール人のタタール人への同化を含む)やロシア人の共産党による支配に反発、1920年には内乱に陥る。

1922年大バシュキール主義のもとタタール人の多く居住する地域を併合した自治共和国を成立させたが、これによりバシキール自治共和国の中でのバシキール人人口は、ロシア人より少なく、タタール人とも拮抗する地位にとどまることになった。


しかしバシキール人の他民族への同化に対する抵抗は続く。


ペレストロイカとソ連崩壊の過程で、1989年バシキール民族センター「ウラル」が結成され、共和国主権とバシキール語の国家語としての認知を求めた運動を展開。

1993年には教育分野でのバシキール語とその文学の義務化を図ったが、これは頓挫した。

しかし共和国大統領の資格要家にはバシキール語の能力を課し、バシキール語の復権と歴史の見直しを進めるなど、ロシア連邦の中で民族・言語の独自性を強固に主張し続けている。


20世紀最大の民族運動の指導者であり、トルコに亡命した著名な歴史学者であるゼキ・ヴェリディ・トガンを輩出したことでも知られる。


巨大なロシアの中で、決して暴力に頼ることなく、自らの民族として生き残りを主張しているバシキール人。彼らの言葉・バシキール語とその言葉で書かれたバシキール文学をみなさんで広めていきましょう。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年12月13日

3635日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!